内定者インタビュー [自分の可能性や興味を存分に考え、納得して就職活動を終了] – 生物・農学系/修士課程

インタビュー
この記事は約3分で読めます。

卒年:2022年
在籍:修士課程
専攻:生物・農学系
地域:近畿
業種:メーカー系
職種:企画・営業系職種

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

就職活動で利用したアカリクのサービスについて教えてください。

就職情報ナビサイトの「アカリク」と、アカリクイベントを利用しました。

具体的にどのようにアカリクを利用されたのかおしえてください

2021年1月24日 に開催された「東京大学・京都大学対象 キャリアイベント」と、2021年2月21日に開催された「協和キリン MSL職 特別セミナー」に参加しました。

イベントに参加したことで、その当時の志望業界や職種にとらわれず、業界や企業、職種について視野が広くなりました。
志望企業についてもセミナーを通して理解を深め本選考に活かすことができました。

就職活動にアカリクを利用してよかった点をおしえてください

アカリクは大学院生を対象としているため、大学院生ならではのキャリアパスを考えることができました。

また、選考においては、アカリクのプロフィール登録上での研究の深掘りが役に立ち、面接でうまく伝えることができました。

就職活動を始めた時期やどのようなスケジュールで進めていたかについて教えてください。

2020年6月に就職活動を始めました。

スケジュールとしましては、夏と冬のインターンに向けて自己分析や企業分析を行い、早期選考に臨めるように準備しました。

2021年3月末までに2社から内定を獲得することができました。

他業種の選考を進めつつ、内定先の懇親会を経て、2021年6月に就活を終えました。

約30社にエントリーし、2社から内定をいただきました(途中で選考辞退した企業も多くあります)。

他の院生と比べると多いと思いますが、自分の可能性や興味を存分に考えたおかげで納得して就活を終えることができました。

様々な企業について研究したことは、社会に出てからも役立つと思います。

どのようなインターンシップに参加されたのかについて教えてください

理系・文系関係なく、研究職、開発職、営業職、事務職のインターンに参加しました。

内容としては、職業体験や座談会が多く、特にグループディスカッションは本選考に向けて良い練習となりました。

これから就職活動を行う大学院生へのアドバイスをおねがいします

就職活動は長期戦です。

特に大学院生の皆様は研究で忙しいと思いますので、実験の合間や少しでも空いた時間を有効活用してください。

一日の少しの積み重ねが、大きな力となります。メリハリをつけて頑張ってください!!

就職活動のはじめの頃に実施しておくと良いこととして、就職活動用のメールアカウントを複数作ることをお勧めします。

また、少しでも興味がある企業はプレエントリーしましょう。

スケジュール管理と準備が重要であるため、ノートや表計算ソフトにまとめるなど自分なりに工夫してみてください。

大学院生は理系職、専門職のみならず、論理的に話すことが求められる文系職でも評価されることがあります。

自分の可能性を狭めず、インターンや本選考に応募してみてください。

私は早くから対策していて良かったと心から感じるので、皆様もぜひ今のうちからコツコツ頑張ってください。応援しています!!

タイトルとURLをコピーしました