【特別鼎談】博士後期課程から社会へ ―三者の歩んだ軌跡― Part 1 #博士の選択

インタビュー
この記事は約6分で読めます。

※記事の内容は「博士の選択」掲載当時(2017年)のものです。

学生時代を共に過ごした「博士後期課程」出身の三人が集い、自身のキャリアについて語り合った。ビジネス・アカデミック・アート、それぞれの道に進んだ三人は何を語ったのだろうか。全4回連載。

石渡晋太郎氏のプロフィール:東京大学准教授(物理工学)、科学技術振興機構さきがけ研究者兼任。1975年生まれ 東京都出身。京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。早大理工学部、プリンストン大、科学技術振興機構ERATO、理化学研究所を経て現職。平成26 年度文部科学大臣表彰若手科学者賞。

大野裕之氏のプロフィール:脚本家・日本チャップリン協会会長。1974年生まれ 大阪府出身。京都大学総合人間学部、同大学院博士課程(満期退学)。製作・脚本の映画『太秦ライムライト』でファンタジア国際映画祭最優秀賞。著書 『チャップリンとヒトラー』(岩波書店)で第37回サントリー学芸賞。

林信長のプロフィール:株式会社アカリク 代表取締役社長。1975年生まれ 東京都出身。京都大学理学部・総合人間学部、同人間環境学研究科博士課程(満期退学)。2002年にWEB制作会社を起業した後、2006年に大学院生の就職支援を事業として立ち上げ現職。

林信長(以下、林):僕らは三者三様で、理系から文系に転部して経営者をしている僕、理系で研究者になったシンタ(石渡氏)、 そして大野君は文系で研究者、アーティストをしている。はっきり言って僕はキャリアを選択した覚えはないんだけれど、今回は「博士課程経験者としてのキャ リア選択」について話をしよう。まずは自己紹介かな。

僕は、株式会社アカリクの社長です。博士課程満期中退後にデザイン会社を立ち上げて5、6年やったあと、「次に何をやろうか」と考えた時、大学院生が就職に困っ
ていたのを思い出して人材ビジネスをしようと思い立ちました。IT化が進む社会でこれから必要になる知的人材の宝庫であるこの分野を誰もやってなかったの で「おいしい」と思ったわけです。自分の周りにいる優秀な大学院生が放置されているのは社会にとって良くない、どこかにボタンの掛け違いがあるのではない かと思って始めた会社です。

画像2

林信長(株式会社アカリク 代表取締役社長)

石渡晋太郎氏(以下、石渡):私は東京大学工学系研究科の物理工学専攻の准教授をしています。専門は物性物理と固体化学です。物性物理 というのは読んで字のごとく、物の性質を物理を使って考えるもの。例えば高温超伝導など、変わった現象を示す物質の性質を最終的に数式に落とし込んで普遍 的に理解することを目指す学問です。変わった現象の普遍的な理解が進めば、それを実用的な機能として活用出来る可能性も広がります。
私のもともとのバックグラウンドは物性物理ではなく固体化学なので、新物質合成を基軸として物性物理の研 究を行ってきました。例えば10万気圧、1500℃といった極限環境や、ソフトケミストリーの手法を活用して新しい物質を開拓しています。さらに様々な物 性測定を行うことで新奇な現象・機能の探索も行っています。固体化学は古い学問だと思われがちですが、物性物理に対して新しい問題を提起するという重要な 役割があります。新物質が面白い性質を示すとは限らないのですが、それがどういう性質を示すかを世界で最初に確認することが出来るというのは、とてもエキ サイティングです。

画像3

石渡晋太郎氏(東京大学准教授)

:シンタ(石渡氏)はこの中では一番のキャリアエリートです。着実に階段を上がり、ある時点からガツンと上昇している。典型的な「研究者」というイメージのキャリアですよね。

大野裕之氏(以下、大野):僕の現在の仕事はふたつありまして、ひとつはチャップリンを中心とする映画の研究者です。もうひとつは演劇と映画の脚本やプロデュースを中心とする実践的な活動です。昔から「研究」と「実践」を車の両輪のように走らせてきました。

大学時代からチャップリンの研究をしているうちに、チャップリン家とも親しくさせていただき、今は日本チャップリン協会の会長として、研究以外にも日本におけるチャップリンの映画祭、Blu-ray BOXの監修、著作権の代理人などをやっています。

演劇と映画に関しては、大学時代に旗揚げしたミュージカル劇団「とっても便利」をずっとやり続けていて、 そのうち劇団以外の舞台でも脚本・演出などをするようになりました。最近は映画の脚本やプロデュースなども手がけています。つい先日は初めて狂言を書かせ ていただき、今度はエッセイ集を出します。まあ、よろず物かきですね。

画像3

大野裕之氏(脚本家・日本チャップリン協会会長)

石渡:大野さんとは学生時代は面識がなかったのですが、彼は当時から有名人だったので私は一方的に知っていました。彼の演劇も見に行ったことがありましたし。私にとっては芸能人のような雲の上の存在でしたね。

大野:いえいえ、そんなたいそうな人間じゃなかったですけど光栄です(笑)。

石渡:ノブ(林)は中学時代からの同級生なので、長い付き合いになります。昔から人を動かすのがうまくて、ある 種のカリスマ性がありましたね。先見性と本質を見抜く洞察力があるので、要所要所で彼には影響を受けてきました。中学生にしてニーチェやヴィトゲンシュタ インについて熱く語ったりして、とにかく校内で異彩を放っていました。私が京都大学理学部を目指したのは、実は林君の影響が大きかったです。もちろん天文 や宇宙物理の理論をやりたいというのもありましたが。京大理学部には変人が沢山いるだろうから絶対面白いはずと思って入学しましたが、ノブを超える変人に はあまり会えなかったです(笑)。

:シンタ(石渡氏)はお父さんが学者ということもあってか、昔から科学的な話が大好きで、僕は彼には色々聞 かされてましたね。僕の根っこは理系じゃないんだけど、シンタは根っからの理系なんですよ。僕が数学や物理に傾倒したのはシンタの影響が大きい。そうやっ てお互い刺激を受け合っていたという感じですね。

石渡:将来どうするかというのをよく話してたよね。「ノーベル賞を取るには東大がいいか、京大がいいか」とか(笑)。

:僕は「ノーベル賞とりたい」とか妄言吐いていたけど、ノーベル賞に近いのはシンタになっちゃったよね(笑)。

大野:先ほど石渡さんがおっしゃってたように、僕は学生時代にはまだ石渡さんとは面識がなくて、最近親しくしていただいています。

林くんとは、哲学の読書会や自主ゼミでずっと一緒で、学生時代は頻繁に会ってましたね。彼のことを一言で 言うと、「勉強が出来る人」かな。彼はもともと理系でのちに文系に転向したわけですが、ものごとを理路整然と整理・解析出来る、いわゆる理系的なマインド
と、同時に文学的な素養も持っていて、ギリシャ語、ドイツ語などの語学も出来る。理系と文系を分けるのは全くのノンセンスとはいえ、数学と語学は学問の絶 対の基礎ですから、彼のそういう基盤が非常にしっかりしているところはすごい。なんだかムカつくほど確固たる自信を持っていたし(笑)。もちろんそれが気 持ち良いんですよ。京大生はそのくらいの勢いがないと。でも一方ではとても他人を尊重する人でもあり、そんなところから非常に信頼出来る人物だと感じ続け ています。

(「博士の選択」記事より転載)

タイトルとURLをコピーしました