研究職での就職、どんな仕事があるの?必要な準備とは

guide
この記事は約8分で読めます。

「研究職という言葉はよく聞くけど、どんな仕事なのかよく分かってない…」

「理系就活しているけど、本当に研究職でいいのかな…」

という理系学生の方、多いのではないでしょうか。

研究職の印象としてよく挙げられるのは、

「つらい」

「好きなことを研究できない」

「狭き門」

「就職難易度が高い」

「年収が低い」

などネガティブなものが多いですが、本当にそうなのでしょうか?

理系学生の場合、どうしても研究に時間が取られがちで、就職のことをじっくり考える時間がなかなかとれないですよね。

そこでこの記事では、忙しい理系学生・大学院生向けに研究職についてわかりやすく解説していきます。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計12万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

研究職の種類

研究職の種類から説明します。研究職は専門性の高い職種であるため、ひとくくりに言い表すことができません。

研究分野によっても仕事の内容は変わりますが、「どの段階の研究をするか?」によっても仕事の進め方が大きく変わってきます。

今回は見落とされがちな「どの段階の研究をするか?」という観点から、研究職の種類を見ていきましょう。

基礎研究

基礎研究とは、新しいものや未知なものを探索し理論的に理解していく研究のことです。

基礎研究の特徴としては、物事の本質を深く追求・探求していく側面が強いことが挙げられます。

研究職の中で最も思い浮かべやすい基礎研究ですが、時には先行研究が乏しいなかで法則などを発見し生み出していく力が求められるため、1つのことをやり遂げる忍耐力やある種のこだわりが必要になってきます。

スペシャリストとして一つの研究を極めたり、勉強したりすることが好きな方にはピッタリの職業と言えます。

応用研究

基礎研究が新しいものを追求していくのに対し、応用研究とは既に存在する研究結果を用いて他の事にどうやったら応用していけるかを考えるような研究のことです。

基礎研究の研究結果を用いて、より実用的な研究を行うため、基礎研究の成果を理解することができるだけの知識が必要になります。

基礎研究にない特徴としては、うまく行けば自分の研究結果が製品として世の中に出回る可能性が高いということが挙げられます。

応用研究で評価されるためには、世の中の動きに合わせた研究結果を出していく必要があるため、社会のニーズを汲み取る力も求められます。

また、基礎研究との働き方の大きな違いとしては、時間的制約の中で研究を行っていく必要があるということが挙げられます。

基礎研究のように時間がたくさん与えられて研究に没頭できるということは少なく、予め決められた期日までに基礎研究を応用させるような働き方が多いです。

そのため、優先順位をつけてスピーディーに研究を行う必要があり、スケジュール管理能力が求められる職種になります。

開発研究

開発研究とは、基礎研究と応用研究を利用して新しい材料や装置・システムなどを生み出したり、既存の材料・装置・システムなどを改良していくような研究です。

社内や既に世の中に出回っている研究結果を使って、製品化を進めるような仕事になります。基礎研究についても応用研究についても理解する必要があり、さらに製品としての完成度も求められるため、難易度が高い職種と言えます。

開発研究の主な特徴としては、自分の研究したものが実際に一般の人の役にたったり、多くの企業で使われる材料やシステムをより良いものにしていくような実用性が求められることが挙げられます。

市場やユーザーも意識する必要があるため、研究職の中でも特にゼネラリスト的な能力やマーケティングの能力が求められます。そのため、「自分の研究で世界を良くしていきたい!」「人のためになるモノづくりがしたい!」という方には向いていると言えます。

就職先によって研究職の仕事は違う

民間の研究部署

民間の研究部署とは、民間企業の商品開発や基礎研究などの研究を行う仕事です。研究職とはいえ、あくまで民間企業の社員なので会社の利益に貢献することが求められます。

そのため、公的機関や大学における研究職と比べると年収が高い傾向にあるのも特徴です。

自分のやりたい研究を行うというよりは、企業のもっているリソースを使い、社会のニーズを満たすためにどのような研究をすればよいかを考えていくこと求められます。

どちらかと言うと年収を重視したいという方にとっては民間の研究部署が最適です。

大学の研究室

大学の研究室でポスドクや助教として研究職に就くのは、理系学生・大学院生にとっては最もイメージしやすいのではないでしょうか。

一般的には博士課程を卒業後に、ポスドクとして就職をします。ポスドクはポストドクターの略で基本的に2~3年の任期になっており、基本的にポスドクの期間に研究成果を出すことで助教になることができます。

ただ、助教への就職難易度は高く、狭き門となっています。

助教の後は講師→准教授→教授とキャリアアップが可能で、最低でも助教や講師として3年~5年、准教授として5~10年の期間を過ごした後、最終的に大学教授になるのが一般的です。

博士課程修了から教授になるまでには、早くても10年~15年ほどかかると考えておけば良いでしょう。

ボスである教授の研究のサポートを行いながら自分の研究を積み重ねる必要があるため、どうしても教授との相性が重要になってきます。

もしも教授との相性が合わない場合は、つらい研究生活で成果も出にくくなってしまうため、別の教授の研究室の空いているポストを探すことが大切になってきます。

公的機関

公的機関の研究職とは、国が運営主体である省庁に付随する研究所や地方公共団体の研究所として研究を行う仕事になります。

公務員の研究職は、より広く日本のためになるような研究を行えるのが特徴です。

省庁の研究職として就職するためには、国家公務員総合職試験への合格が必須になり、

国家公務員総合職試験の倍率は大卒の場合12.3倍程度、院卒の場合は3.5倍程度となっており就職難易度は高いです。

参考:2020年度国家公務員採用総合職試験の合格者発表 https://www.jinji.go.jp/kisya/2008/2020sougousaigou.html 

院卒の方が合格率が高いため、基本的に大学院を出てから試験に臨むのが王道となります。

地方公共団体の研究職として就職するためには地方公務員試験への合格が必要になりますが、一般的には国家公務員総合職試験より難易度が低いとされています。

また、公務員の研究職の一つとして、警視庁や道府県警察本部に設置された科学捜査研究所(科捜研)や警察庁に設置された科学警察研究所(科警研)といった機関にも調査分析を行う仕事があります。

DNA鑑定や法医学、事故の再現実験、サイバー犯罪の解析などの様々な依頼があり、得られた結果をもとに事故や事件などの原因究明が行われています。

特徴としては、化学や物理、法律、心理学など幅広い知識が必要になってくることが挙げられます。

警察官と議論をしていくこともあり、時には裁判の証拠として自分の分析結果が扱われるため、正確な判断が求められます。

研究職に就きたい人が有利になる資格

修士号

理系学生の場合、研究職に就職したいかどうかに関わらずほとんどの学生が修士課程を修了しています。

「研究が好きであれば自然と修士までは行くはずだ」と考えるのが自然なため、研究職として就職を考えているのであれば修士課程までは修了するつもりのほうが良いでしょう。

博士号

修士課程を修了した学生の多くが就職する中で、一部の学生は博士課程に進学します。

博士号取得というのは、より高度な研究を主体的に行った証明になるため、研究職として就職する際に強力な武器となります。

医師

医師の資格を持っていると、研究職として就職できなかった場合でも安定した収入を得られるというメリットがあります。

しかし、研究職として就職するのには研究実績が重要になるため、博士号を取得している方のほうがより需要があります。

医師免許があるからといって全ての分野で有利になるというわけではありませんが、キャリアの幅が広がるという点で有利と言えます。

獣医師

動物の研究に携わりたいのであれば、獣医師の資格が有利に働きます。

しかし、研究職として働くためには研究実績が必要になるため、博士課程を修了するなどして研究成果を上げることも大切です。

薬剤師

薬剤師の資格を持っている場合、化学系の研究に携わりたい場合に有利に働きます。

また、もし研究職に就職できなかったり向いていないと思った場合でも、薬局へ就職するなどキャリアの方向転換ができる点で有利と言えます。

研究職の就職が難しい理由は「募集自体が少ない」こと

研究職は募集が少ないため、倍率が高くなりやすく、就職が難しいです。

研究職は専門性の高い仕事であり、一度就職すると腰を据えて研究を行う方が多いため、なかなか空きが出にくいです。

その反面、研究職は理系学生からすると花形であり、今までの知識や経験を生かして仕事ができるため、人気が高くなっています。

そのため、研究職は狭き門となっています。

研究職に就職するには

研究職に就職するために必要となる能力について見ていきましょう。

探求心が強い

探究心の強さは研究職として仕事をしていくために最も求められる能力です。難しい先行研究であってもを最後まで読み込める根気や好奇心があると重宝されます。

得意分野を極めている

研究職は専門線が高いため、自分の専門分野を持つことで他人と差別化することができます。

唯一の人材になることができれば様々な会社・研究機関から声がかかり、転職のときにも有利になります。

フットワークが軽い人(狭き門なので早めの行動が必須)

研究職は人気がある一方で求人の数が少ないため、タイミングを逃さないよう定期的にチェックするようにしましょう。

コミュニケーション能力を培う(周りと協力することも多い)

研究は一人で行うものではなく、チームで力を合わせて行うことがほとんどです。

そのため、チーム内でスムーズに情報や研究結果を共有できるようなコミュニケーション能力が求められます。

自分の働きたいところを決めたら早めに対策と行動を

この記事では、研究職での就職について解説をしました。研究職には色々な仕事がありますが、狭き門であるということがお分かりいただけたかと思います。

そのため、もしあなたが研究職として就職したいのであれば、早めの対策と行動をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました