研究計画書はなぜ重要?書き方のコツ、教えます

guide
この記事は約12分で読めます。

「研究計画書を書かなければいけないのに、どうやって書けばいいのかわからない!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

研究計画書とは、大学院へ宛てて書く「手紙」のようなものです。あなたがこれからどんな研究をしようとしているのか、どうやって研究を進めていこうとしているのか、それを大学院側に伝えるのが研究計画書の役割です。

研究計画書のフォーマットや必要な文字数、枚数などは大学によって決まっていることもありますが、ここでは一般的な研究計画書の構成や、書き方のコツなどについて紹介します。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計12万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

研究計画書を書くときには何を意識すべきか

そもそも「研究計画書」とは何なのか、何のために書くものなのかをおさらいしておきましょう。

自分と大学院とで共有しておきたいビジョンを提示する

研究計画書とは、大学院入試の際、あるいは大学院入学後に「大学院でどのような計画で研究を行うのか」を大学院側に知ってもらうために提出する書類です。

どのタイミングで提出するのかは、大学院や分野によって違いがあります。一度提出すればよいところもあれば、毎年提出するところもあります。

研究計画書を提出する理由は、大学院生自身が大学院に対して自分の研究ビジョンを提示し、理解してもらうためです。

つまり、あなたと大学院の研究をつなぐ「手紙」のような役割を果たすものだといえます。大学院側にあなたの研究についてわかってもらえるよう、ていねいに書きましょう。

あくまでも「計画」ですので、研究を進めていくにつれてこのやり方ではうまくいかないことがわかり、方針を転換することも起こります。その場合は都度、研究計画書を書き換えていくケースもあります。

研究計画書は会社でいうと「事業計画書」に相当します。研究を行う大学院生自身が自ら研究計画書を書くことで、自分自身の研究の意義や手法にしっかりと見つめることも、研究計画書を書く目的のひとつです。

また、書かれた研究計画書は、どのように研究を進める計画であるのかを大学院に示し、その後、計画に沿って研究が進捗しているのかを見極める基準ともなるのです。

研究計画書はコミュニケーションツール

大学院入試の際に研究計画書を提出する場合、その目的は「あなたが大学院でやりたい研究が、価値のあるものかどうか」、そして「あなた自身が大学院へ進むのにふさわしい人物かどうか」を判断する材料とすることにあります。

つまり、研究計画書はあなたと大学院入試の教員との、コミュニケーションツールです。教員に向けて、どれほど面白いものであるか、どれほど重要なものになるのか、といったことが伝わるように書いてみましょう。

他者にその研究の面白さや重要性をうまくアピールすることは、研究者にとってとても重要なスキルのひとつでもあります。今後、研究費を出してもらうため、研究成果を認めてもらうためにも、欠かせないスキルです。

試験官があなたの研究に興味を持ってくれ、スムーズなコミュニケーションができるように、研究計画書を書いてみましょう。

正確さよりも伝わりやすさ重視で書く

コミュニケーションツールとしての研究計画書に求められるのは、正確さよりも伝わりやすさです。

研究へのこだわりはいろいろとあることとは思いますが、正確さやあなたの優秀さをアピールすることを重視するのではなく、他の人が読んだときにわかりやすいことを第一に考えて、研究計画書を書きましょう。

こんな計画書はNG!大学側が困惑する研究計画書

受け取った大学院側が困ってしまう研究計画書もときどきあるそうです。それはいったい、どのようなものでしょうか?

調査方法や研究内容が書かれていない

「〇〇を研究する」「〇〇を調査する」とだけ書かれて、具体的な方法に全く触れていない研究計画書はNGです。それだけでは実際にどのような方法、どのようなプロセスで研究しようとしているのかが全く読み取れません。

まだ具体的にどのようにアプローチしていくのかが、はっきりと決まっていないのかもしれませんが、そんな曖昧なものは計画と呼びません。

研究とは、誰かに道筋を示してもらってするものではなく、研究者自身が道を拓いて進めていくものです。

明確なビジョンが見えていなければ、面接時に「具体的にはどうやって研究を進めるのですか」と聞かれても答えられず、大学院への進学が叶わなくなってしまう可能性もでてきます。

したがって、研究計画書を書く段階では、具体的な研究のやり方や内容について、きちんと周囲に示していくことが重要となります。

具体性のない内容はNG

研究計画書に「持続可能な社会を実現したい」「再生可能エネルギーの普及に興味がある」といった、具体性のないビジョンを書く人がいます。

こういった研究計画書では、どのようなゴールに向かっているのかを伝えることはできません。

課題解決の実践を提案している

「駅前に観光客が立ち寄れるスポットを作りたい」「住宅地に高齢者が気軽に利用できるバスを走らせたい」など、「実践」を訴えるケースもあります。

このような目標を持つ人は、大学院で研究するよりも、自治体や企業、NPOなどで働いて、その夢の実践に向けて動くことをおすすめします。大学院は実践の場ではなく、教育と研究の場です。問題解決を重視するのであれば、実社会でまず問題に立ち向かうほうが早道であり、現実的です。

実際に問題を解決しようとして壁に当たり、なぜそれがうまくいかないのか、どうすればうまくいくのかを考えたくなったときに、改めて大学院で学んでみるのもよいのではないでしょうか。

研究計画書の基本の書き方

研究計画書は、「何を、なぜ、どうやって」の3つ全てが具体的に盛り込まれたものとなるように書きます。大学院や分野によって、フォーマットや文字数はさまざまで、同じ大学院の中でも、1,000字程度あればよい研究科もあれば、4,000字程度が必要な研究科もあります。

参考:大阪大学 外国学図書館

https://www.library.osaka-u.ac.jp/doc/2015_Research%20plan.pdf

何を

まず、何を研究するのか、研究の目的は何かがはっきりと分かるように書いてください。

なぜ

なぜあなたはこの研究をするのか、研究の理由や背景などを書いてください。研究の仮説や研究を通して明らかにしたいこと、研究に至ったきっかけ、問題意識などを、わかりやすく説明していきます。

先行研究について触れ、それに対してこれから行うあなたの研究がどういう意味合いを持つものになるのかを述べるのもよいでしょう。研究の意義をわかってもらい、あなたの研究の価値を示すことができます。

どうやって

どうやって研究を進めるのか、具体的な方法を書いてください。目的を達成するために、どのような対象にどのような調査を行うのか、研究にどのようにアプローチするのかを説明していきます。

研究計画書の構成

一般的には、上記の「何を、なぜ、どうやって」という3つを意識しながら、次のように構成していくとよいでしょう。ただし、分野によって、構成が違ってくる場合もあります。大学院や研究科に既定のフォーマットがある場合は、それに従って書いてください。

研究タイトル(題目、テーマ)

研究の目的(何を)

研究の背景(なぜ)

研究で採用する方法(どうやって)

研究の結果から予想される成果

研究の特徴

文献

まず、「〇〇の△△について」といった、研究タイトルをつけます。次に、自分の研究の目的を明確にし、なぜこの研究をするのかの背景を示します。

続いて、どのように研究を進めるのかの研究方法を、そして、予想される成果や仮説、研究の特徴を書いていきます。最後に、必要に応じて参考にする論文や専門書といった文献を挙げます。

それぞれの項目の書き方を、次で詳しく紹介しましょう。

研究計画書の各項目の書き方【タイトル】

タイトルとは、あなたの研究の顔となるものです。

タイトル

「〇〇の△△について」や「〇〇における△△の研究」など、どんな研究なのかが一目でわかるようなタイトルをつけます。

短く伝わりやすいキャッチコピー

タイトルは、いわば研究のキャッチコピーです。タイトルは、あなたの研究に興味を持ってもらうための顔となります。その研究を知らない人が聞いても、面白そうだと思わせるようなタイトルにできるとよいですね。

キャッチコピーはできるだけ短く、印象的なものを考えます。長くても40字程度がよいといわれていますが、長さばかりにこだわらず、あなたの研究内容が伝わることを一番に心がけましょう。必要であれば、サブタイトルを添えて、どんな研究になるのかを説明します。

たとえば「災害に備えた公園デザイン」というタイトルをつけたとします。しかし、これではあなたが具体的にどのような研究を行うのかが、伝わってきません。

「災害に備えた公園デザイン―マンホール型トイレの設置について―」とすると、少し研究の方向が見えてきます。

「災害に備えた公園デザイン―避難時のマンホール型トイレ使用1週間シミュレーション―」とすると、かなり具体的に研究の内容がわかるようになります。

内容

進学する大学院の教授の中で、あなたが取り組もうとしている研究の専門家がいる内容を選ぶのがベターです。指導を希望する教授が決まっている場合には、その教授の専門分野に関係する内容を選びましょう。

そうでなければ、「うちの大学院ではこの研究の指導をできる教授がいませんよ」「ほかの大学院に行ってはどうですか?」と言われても仕方がありません。

なお、一度決めたタイトルは変えられないのかというと、そんなことはありません。研究が進むにつれて、方向が変わっていくことはよくあります。

研究の中身が変わっていけば、タイトルも変えていくことになります。よりよい研究とするために、一度決めたことには固執せず、どんどん変化させていく柔軟な姿勢で臨みましょう。

研究計画書の各項目の書き方【目的】

研究計画書の中でも、非常に大切な部分です。

何を明らかにするための研究なのか

この研究が何を目的としているのかが明らかになるように書きます。このほかの部分、すなわち研究の方法や文献などがいくら詳しく書かれていたとしても、この研究目的があいまいになっている研究計画書では、読み手にはあなたの研究がどんなものになるのかが伝わりません。

今、何が問題になっているのか、そのうちのどこを解決しようとしているのか、この研究をするとどんなメリットがあるのか、それを伝えてあなたの研究の意義をわかってもらえるように心がけましょう。

大学院によってフォーマットが指定されていることもありますが、とくになければおよそ3~10行ほどで研究の目的を説明するようにします。「〇〇を△△にするために■■を××する。」というスタイルを意識すると書きやすいでしょう。

スペースが十分にあれば背景や方法についても

先ほどのマンホール型トイレの例であれば「災害発生時の避難場所として、公園が使用されるケースがある。しかし、災害によって電気や水道といったライフラインが止まった場合には、公園内に常設された水洗トイレの使用は不可能となる。

本研究では、〇〇公園周辺の住民が公園で1週間の避難生活をすることを想定して、マンホール型トイレを〇基設置した場合のシミュレーションを行う。なお、研究は〇〇市下水道局と協力して行うものとする」など、研究の背景や方法についても説明する書き方もあります。

研究計画書の各項目の書き方【背景】

研究計画書には、その研究の背景も明記します。

社会的背景

なぜこの研究をしなければならないのか、その研究の重要性や課題について、関連する事例や統計データなどを盛り込みながら説明します。

社会的な課題についてであれば、事実や統計データに基づいて客観的に論述することが重要です。「自分の祖母が〇〇と言っていた」「〇〇であることに腹が立った」といった、主観的な立場から書いたのでは重要性が伝わらず、説得力に欠けるものとなります。

「東日本大震災では、仮設トイレの設置までに3日以上かかった自治体が6割以上を占めた」のように、客観的なデータを示して研究の背景を説明しましょう。

学術的背景

この研究が学術的にどのような背景を持つものであるのかを説明します。

<例文>

「長期記憶のメカニズムはヒト、ショウジョウバエ、線虫に至るまで共通している。ショウジョウバエを用いた研究では、ハエを一時的に空腹状態におくことで1回の学習が長期記憶となる可能性が示されていた。この研究では、空腹状態のハエに別の学習をさせ、長期記憶となりうるかを確かめる。」 

このように、先行研究とこれから行う研究との関係や、その背景などを示し、研究の意義を伝えます。

これから行う研究と同じ内容の研究が今までなされていないこと、あるいは類似の研究があるけれども、まだ解明されていない部分があることなどを挙げて、研究の新規性や独自性を説明しましょう。

研究計画書の各項目の書き方【採用する方法】

この部分は、研究計画書の要であるともいえます。しっかりとした方法に基づいて行われる研究であるかどうかで、研究の良し悪しが判断されます。

場所・調査対象

具体的な調査方法や想定している場所、誰を(何を)調査対象とするのか、などを、今の時点で想定している範囲内で書いていきます。

たとえば〇〇市を調査地として挙げるのであれば、この都市の人口や人口構成、産業構造などの基礎情報も見ておきます。「〇〇市で酪農を営む30代の100人にアンケート調査をする」といった研究が実現可能であるのかどうかは、計画の段階で調べておく必要があります。

時期・研究手法など

研究期間がどれだけのものとなるのか、それは修士課程や博士課程の間に終えられる研究であるのか、といった見通しも重要になってきます。

研究方法を書いていくうえで重要なことは、その研究が実現可能であるかどうかを考えることです。必要な装置が研究施設内にあるのかどうか、そのサンプルが手に入るのかどうかなども含めて、実施が可能な範囲内での研究方法を記しましょう。

研究計画書の各項目の書き方【結果と予想】

この研究で得られるであろう成果や結果を予想して書いておきます。あくまでも予想なので、約束は必要ありません。

研究計画書の各項目の書き方【特色】

この研究が先行研究や類似研究とは異なる点や、この研究を行うことのメリット、他の誰でもなくあなたが研究する意義、研究結果が社会に及ぼす影響など、研究の特色をアピールしましょう。

研究計画書の各項目の書き方【引用/参考文献】

先行研究を引用した場合は、研究計画書の最後にその引用文献を記載しておきましょう。引用文献は、著者名、始まり、出版年月日、論文名、雑誌名、巻数、号数あるいは通巻、該当ページを書きます。分野によって順序や内容は異なるためフォーマットを指定されることもあります。

たとえば

 〇山〇子(2020).通常学級における算数障害のある子どもへの支援のあり方について 教育〇〇研究 52, 71-82

のような書き方となります。

参考:引用文献の書き方

引用文献の書き方

第三者目線でチェックしてもらい提出しよう

研究計画書が書き終えたら、できればその研究分野に詳しくない誰かに読んでもらい、その内容が理解できるかどうか、面白いと思ってもらえるかどうかを聞いてみましょう。

友人や知人、家族や先輩後輩などで、冷静で的確な判断をしてくれる人が適しています。構成に矛盾がないか、誤字や脱字がないかもチェックしてもらいましょう。第三者の目線でチェックしてもらうことで、些細なミスを防ぐことができます。

チェックしてもらった後は、必要に応じて修正し、研究計画書を提出しましょう。

研究計画書を通して、あなたの研究の目的や意義が大学院側に伝わることが重要です。大学院での研究が実現するよう、しっかりと伝わる研究計画書を書いてくださいね。応援しています!

タイトルとURLをコピーしました