薬剤師の資格は研究職につくために有利になるのか?

guide
この記事は約6分で読めます。

現在薬学部にいる人は、将来的に研究職になるにはどうすればいいのか、他の仕事を選んだら年収はいくらかになるのかなど、気になることもあるでしょう。薬学部を卒業すると、薬局などで薬剤師になる、というのが一般的なイメージですが、研究職に転身することも可能です。

本記事では、薬剤師の資格を活かした仕事につきたいと考えている人向けに、以下の情報をまとめました。

  • 薬剤師の資格を持つ人が働ける場所と、それぞれのメリット・デメリット
  • 薬剤師から研究職になるには何をすればいいのか

これから新卒の就活を控えている薬学部の学生さんは、内容を参考にして今後のキャリアプランに役立ててください。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計12万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

薬剤師の資格を持つ人はどこで働けるの?

まずは、一般的に薬剤師の資格を持つ人が働ける場所について紹介します。

病院

一つ目は、病院に勤務して治療に携わるケースです。医師や看護師とチームになって、処方した薬が効いているかどうかを、現場で確かめることができます。

患者さんとの距離が近いので、自分の選んだ薬の効果や、病状がよくなるかどうかを間近で見られるのは、薬局やドラッグストアにはないメリットといえます。

しかし、病院での仕事は夜勤になることも多く、身体的には負担が大きいのがネックです。年収も他の職種と比べると、比較的低くなってしまう傾向にあります。

調剤薬局

薬剤師の職場としてよくあげられる候補として、調剤薬局も多いです。医療機関が出した処方箋に基づいて、薬を患者へ提供する窓口になります。調剤薬局で働くと、その地域に住んでいる人々の治療に貢献できるというメリットがあります。

患者さんと直接コミュニケーションを取れるので、近隣住民との関係構築もできて、やりがいを感じられる人は多いかもしれません。

自宅の近くにある調剤薬局に勤められれば、通勤時間を大幅に短縮できるというメリットもあります。夜勤もないので、女性の薬剤師に人気が高いのも特徴的です。また、管理薬剤師になれれば高年収も期待できます。

ただ、調剤薬局は規模が小さいため、職場の人間関係がうまくいかないと、働くことが辛くなることが考えられます。大規模な職場でスケールの大きい仕事をしたい人には、向かないかもしれません。

ドラッグストア・コンビニ

ドラッグストアでの業務内容は、お店を訪ねてきた患者さんに対して最適な薬を処方したり、必要によっては健康の相談に乗ったりする、アドバイザーのような仕事です。

地域住民の人が頻繁に訪れるようなところであれば、そのエリアの医療に貢献できるというメリットがあります。

また他の薬剤師の職業と比べると年収が高く、男性に人気が高いのが特徴的です。ただ、ドラッグストアは日用品を扱うため、年中無休で営業するところも多く、休みを取りづらい可能性があります。場合によっては、在庫の移動などの肉体労働や雑務を任されることもあるでしょう。

また現在ではコンビニエンスストアでも調剤薬局の機能を持ち併せ持った店舗もあります。

公的機関

薬剤師の資格を活かすなら、自治体などの公的機関に勤める場合もあります。国家公務員と地方公務員の2つがあり、どちらかというと地方公務員の方がハードルが低く、国家公務員は数人しか募集枠がないためハードルが高い傾向にあります。

業務内容は、保健所での衛生関連の業務や、薬局への立ち入り指導、公立病院での調剤や薬の処方などです。一度勤務先が決まると数年は同じところに留まり、約3年のサイクルで異動するのが一般的な流れです。

公務員ならではの安定性があり、勤続年数を重ねるほど年収も順調にアップしていきます。職場が数年ごとに変わるのは大変ではありますが、福利厚生も充実しているので、仕事の安定さを重視したい人にはおすすめです。

大学

薬剤師の資格を活かして大学に勤める人は、大学院を卒業してそのまま残り、ポスドクとして教授を目指すことになります。他の仕事との違いは、最初のうちの年収は低いけれど、助教、講師、准教授、教授とスムーズに昇格できれば、最終的な年収は他の職種よりも高い金額を目指せるでしょう。

ただ大学教員は任期付きであったり、枠が空くまでにどのくらい待てばいいのかわからない、といったリスクがあります。そしてずっと研究に精を出す必要があるため、もくもくと一つのことに打ち込める性格の人でないと続かないかもしれません。

製薬会社で働く

製薬会社では、ご存じのように薬の研究や、開発職、病院などに販売促進をするMRといった仕事に就きます。大手企業であれば福利厚生が充実しており、土日休みは当たり前で、長期休暇も取りやすい職場が多いです。

さらに、順調に昇進できれば、高い年収を狙えることもあり、薬剤師の資格を活かした職業の中では、もっとも高い年収をもらえる仕事でもあります。特に外資系の製薬会社であれば、1,000万円レベルの年収も期待できますよ。

ただ、その分求人倍率が高く、新卒の就活でも多くの学生が応募してくるため、競争率が高いのが懸念といえます。就職後も残業が多いことや、異動・出張の辞令が出されて、精力的に働かないといけないことが多いかもしれません。

薬剤師から研究職に転身するには

薬剤師から研究職になるには、博士号を取得することと、研究職で求められるスキルを身につけておくことが必須です。それぞれどのような業務内容なのか、詳しく解説していきます。

博士号の取得

薬剤師から研究職に転身するためには、修士号だけでなく博士号を取得していることが望ましいです。薬学部出身の学生の多くは修士号を取っていて、研究職の募集要項でも修士号以上が条件であることが多いです。

ただ、研究職を目指す学生は博士号を取っている人もいるため、対等に戦うためには修士号だけでは物足りない可能性が高いです。仕事の募集に応募したとしても、修士卒というだけで落とされてしまうかもしれません。

博士号を取得しておけば、書類選考で落とされる可能性を低くすることができます。そしてできれば、知名度の高い大学で博士号を取ると、さらに研究職に転身できる確率は高くなるでしょう。

必要なスキル

研究職に転身する際に必要となるのは、薬剤師としての調剤経験です。調剤経験は、研究職について仕事を進めるうえでも活かせることが多く、スキルがないまま転身すると痛い目を見ることになってしまいます。

また、ビジネスをするうえで必要となるコミュニケーション能力も欠かせません。研究職はたんたんと作業する仕事とはいえ、複数人のチームでプロジェクトを動かしたり、取引先との業務のやり取りをしたりすることもあるでしょう。

そのような現場でも、問題なく仕事をこなしていけるよう、社会人として必要なコミュニケーションスキルを身につけておかないと、研究職に転身するのは難しいといえます。

薬剤師としてどう働くかを考えよう

薬剤師としての代表的な働き方と、研究職になるために必要なことを解説しました。薬剤師と一言でいっても、調剤薬局や公的機関、民間の製薬会社など、幅広い選択肢があります。どんなキャリアを積んでいきたいのか、自分の適性をよく考えて進む道を選んでください。

また研究職に転身する際には、博士号の取得や一定以上のスキルが必要になります。こちらもしっかり検討して、満足できるような働き方を自分なりに見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました