コンサルタントとは? 仕事内容・あると有利なスキル・資格を紹介

アカリクコラム
この記事は約7分で読めます。

現在、あらゆる分野において「コンサルタント」が活躍しています。

代表的なものでは「経営コンサルタント」や「ITコンサルタント」がなど挙げられますが、

なかには「製薬業界に特化したコンサルタント」など、ある分野に特化して専門性を発揮するコンサルタントが所属する企業も存在しています。

このように一つの分野に専門性を特化させることで、より深い悩みや問題に対処していくことが可能となるため、クライアントにとってコンサルタントは非常に心強い存在だといえるでしょう。

本記事では、大学院生がコンサルタントへ就職を考える際、コンサルタントとはどんな仕事で、就職活動の際にあると有利なスキル・資格について詳しく紹介します。

バナーCV-btn

研究で仕事も充実 院生・ポスドクのための就活サイト

コンサルタントとは?

すっかり馴染みのある言葉となった「コンサルティング(consulting)」ですが、その原形 consult は「相談する」という意味を持っています。

この言葉から派生し、現在では相談を請け負う会社を「コンサルティングファーム(consulting firm)」、その仕事を担当する人を「コンサルタント(consultant)」と呼んでいます。

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントの仕事内容として、大きく分けて経営・戦略系のコンサルティングと実行支援系のコンサルティングがあります。

経営・戦略系のコンサルティングは上流工程にあたり、実行支援系のコンサルティングは下流工程にあたります。また、経営・戦略系のコンサルティングは主に経営層に近い相談などで、実行支援系のコンサルティングは現場に近い相談などが多い傾向にあります。

経営・戦略コンサルティング

企業の経営上の課題解決のための戦略策定やアドバイスを目的としたコンサルティングを、戦略系コンサルティングと呼びます。

戦略系コンサルタントが手掛ける分野は、企業やサービスなどのM&A戦略、企業の中長期の成長戦略など、会社全体の課題解決に向けた戦略策定支援がメインの業務です。また、その他の業務も多岐にわたります。主なものを以下に挙げます。

  • 新市場参入戦略
  • 新規事業戦略
  • 新製品開発戦略
  • 人事戦略
  • マーケティング戦略
  • IT戦略など

実行支援系のコンサルティング

近年、戦略ファームといわれるコンサルティングファームでも、各社実行支援まで「伴走」することが一般的となっていますが、一部の事業や機能別の課題を扱うプロジェクトなど、実行支援系を得意とするコンサルティングファームも存在します。

対象の業界や業種により、それぞれコンサルティングの特徴が表れやすいので、コンサルタントの得意不得意が現れやすいことも特徴です。

コンサルティングファームについては以下の記事に記載がありますので、詳細はこちらをご参照ください。

コンサルタントに求められるスキル

コンサルタントになるにあたって求められるスキルとして、以下の3つが挙げられます。

大学院生が研究などで培った強みとなるコンピテンシーと共通することが多いのが特徴です。

  • 問題解決能力
  • 批判的思考力
  • コミュニケーション能力

問題解決能力

問題解決能力とは、問題として挙がってきた事柄の状況を正確に把握した上で、その問題を解決するためにはどうしたらいいのか解決策を考えて実行し、問題を解決していくことができる能力をさします。

コンサルタントの第一必須スキルとも言えます。

問題を認識する力、解決策を考える力、解決策を実行する力を総合し、PDCAサイクルが回せることが「問題解決能力がある」という一般的な定義とも言えます。

批判的思考力

「クリティカルシンキング」は、物事の本質を見出して意思決定の矛盾や漏れをなくし、根本的な解決策を見出すことに有効な思考法です。日本語で「批判的思考」と表されることもあるクリティカルシンキングは、問題解決や意思決定に関わる「コンサルタント」になるのであれば、ぜひ身に付けておきたいスキルの一つです。

コミュニケーション能力

英語をはじめとした外国語力はもちろんですが、最も求められる能力は言語の枠を超えた「コミュニケーション能力」です。

一言で「コミュニケーション能力」といっても漠然としがちな能力ですが、コンサルタントとして特に重要視されることは「相手との会話の中から意見や意図、要望の背景にある心理を正確にくみ取る」ことができるかどうかという点が重要です。

大学院生は研究活動を通じて、強いリーダーシップや、プレゼン能力、メンタル・精神面における強さ、ネゴシエーション能力などを積み重ねているため、コミュニケーション能力を土台にこれらの総合スキルが強力な武器になります。

コンサルタントに関する資格

コンサルタントの仕事に就く際、持っていると有利になる資格として、主に以下が挙げられます。

  • IT関連資格
  • TOEIC/TOEFLなどの英語系資格
  • MBAなどを将来的に目指す

いずれも資格を取得しておくことが受験条件として必須ではありませんが、コンサルタントの就職を検討した際に企業やクライアントに安心感を与えることができます。

IT関連資格

ITコンサルタントとして活躍したい場合は、代表的な国家資格である「基本情報処理技術者」を取得しておくことをお勧めします。

また、将来的には「ITストラテジスト」を目指すとよいでしょう。

企業の経営戦略に合わせてITシステムを使用した知識を体系的に学ぶことができます。

また、民間資格として、NPO法人ITコーディネータ協会が認定する「ITコーディネータ」があります。この資格を取得することで、ITと企業経営の双方の知識を持っており、IT戦略の立案、またそれらの戦略に沿ったシステム構築・導入を主導できる者として認定されます。

TOEIC/TOEFLなどの英語系資格

特に戦略系コンサルティングファームへの応募の際は、他の応募者の状況も踏まえると、TOEICやTOEFLといった英語系の試験で一定以上のスコアを保有することは必須ともいえる状況があります。

とくに、外資系ファームの場合は、読み書きのレベルではなく英会話の実践力が要求されるため、業界・業種でよく用いられる専門用語やイディオムなどは個別に学習しておくとよいでしょう。

また、国内企業でも近年海外進出が頻出していることからも、社内公用語が英語であることもあるので、応募書類やエントリーシートで英語系資格のスコアが聞かれることが良くありますので、まずは早いうちからスコアを上げておくようにしましょう。

TOEICのスコアについてはこちらの記事を参考にしてください。

MBAなどを将来的に目指す

MBAとは、Master of Business Administration(経営学修士)のことで、ビジネススクールと呼ばれる経営大学院の修了者に与えられる学位です。

MBAが取得できるビジネススクールの一般的な科目構成は、「会計学」「経済学」「財政学」「人材資源管理」「組織行動」「情報マネジメント」「マーケティング」となっています。

これらの企業経営に必要なスキルを総合的に集合させたのがMBAなのです。

MBAは国家資格ではありませんのでコンサルタントとして必須のものではありませんが、取得者に与えられる経営のプロとしての評価は非常に高くなります。

まずはコンサルタントとして仕事をしながら、将来的にMBAを目指すのもよいでしょう。

コンサルタントの仕事の今後

コンサルタントを取り巻く環境として、グローバル化が加速する現代社会においては海外進出に踏み出す企業も依然として多くなっています。

しかしながら、海外進出を果たす上で企業が解決しなければならない課題が山積しており、コンサルタントの使命もたくさん残っている状況です。

また、企業のDX化が叫ばれるようになった昨今では、もともと中小企業など今までDX化が進みにくかった企業などでも、コンサルタントの必要性が浮き彫りになっています。

コンサルタントの持つ専門的な知識やスキルを生かすことで、グローバル展開やDX化へのノウハウが乏しい国内企業を支えていくといった役割が、今後一層加速していくことになるでしょう。

アカリクを利用するメリット

17万人以上の大学院生・理系学生の就活をサポート
してきたアカリクならではのサポートが充実!

  • 理系・院生特化のスカウト

    研究内容の登録だけでスカウトが届くため、忙しい研究の中でも効率的に就活を進められます。あなたに魅力を感じた思いがけない企業との出会いも!

  • 分野別の特別イベント

    メーカー、IT、コンサル業界を中心に、大学院生を求める優良企業と出会えるイベントを多数開催!オンライン開催のため、忙しい研究のスキマ時間にも気軽に参加できます。

  • プロに就活相談

    大学院出身のアドバイザーがあなたの就活を徹底サポート!マッチする企業や、推薦応募可能な企業をご紹介。個別のES添削や面接対策も行っており、選考対策もバッチリ!

著者プロフィール

アカリクリポーターズとは、大学院生としての経験や知識を「リポート」するライター集団です。全員大学院在籍経験があり、これまでの研究経験や知識を活かして、大学院生の皆様に役立つ情報をお届けしています。専門分野は工学・化学・生命科学・心理学・社会学等様々です。

【監修】アカリクお役立ちコンテンツ編集部
博士号所持者/博士課程在籍経験のある編集者が監修しています。

アカリク リポーターズをフォローする
アカリクコラム
お役立ちコンテンツ|アカリク
タイトルとURLをコピーしました