アカリクコラム:「きっかけ」と「(好きな)理由」の取り違い

アカリクコラム
この記事は約2分で読めます。
cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

「きっかけ」と「(好きな)理由」の取り違い

はじめに

アカリクキャリアコンサルタントの山内(やまうち)です。

今回はサクッと読んでいただける分量でコラムをお届けいたします。

テーマは、【「きっかけ」と「(好きな)理由」】の取り違い。

取り違いをしないために

「きっかけ」と「(好きな)理由」を良く混同して、エントリーシートや面接で伝えてしまう人が多く見受けられます。

例えば、フィギュアスケートの選手に「スケートを始めたきっかけは何ですか?」と質問すると、「お姉ちゃんがやっているのを見てやりたくなった」などといった答えが返ってきますが、「スケートが好きな理由は何ですか?」と聞くと、「大勢の前で上手に演技ができた時、とてもうれしいから」などといった答えが返ってきますね。

このようにはっきりした質問をされるのであれば良いのですが、「どうしてスケートをやっているのですか?」と聞かれた場合はどうでしょう。「きっかけ」を聞いているのでしょうか?「(好きな)理由」を聞いているのでしょうか?前後の流れや話の流れをしっかりと考えて、質問者の意図をとらえ、間違えた答えをしないようにしなければなりません。

面接の場合、どうしてもわからなければ、質問者に確認した方が良いかもしれませんよ。質問の仕方が悪かったとしても、質問者は自分が悪いとは決して考えません。相手のコミュニケーション能力が低いとかんがえるわけですから。

タイトルとURLをコピーしました