ベンチャー企業で働くメリットとは?

アカリクコラム
この記事は約7分で読めます。

「ベンチャー企業へ行こうか大企業へ行こうか迷っている」

という就活生もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、ベンチャー企業で働くメリットや、中小企業・大企業との違い、ベンチャー企業に向いている人の特徴についてもお伝えします。
この記事が今後のキャリアプランの参考になれば幸いです。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業には明確な基準や定義はありません。
人によって様々な解釈がありますが、一般的に以下のような企業はベンチャー企業と呼ばれることが多いです。

  • 独自のアイデアや技術をもとにして、新しいサービスやビジネスを展開する企業
  • 設立直後で規模や経営基盤などが小さい新興企業
  • 成長過程にある企業
  • ベンチャーキャピタルなどの機関投資家から投資や融資を受けている企業

いわゆるベンチャー企業と言われる会社の規模は、小規模から中規模がほとんどです。

ベンチャー企業と中小企業の違い

中小企業は、中小企業基本法という法律で業種によって分類され、資本金の額や従業員数が定められています。

  • 製造業その他:資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
  • 卸売業:資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
  • 小売業:資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
  • サービス業:資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

参照:中小企業庁「中小企業・小規模企業者の定義

これに対してベンチャー企業は、企業の規模に関わらず「独自のアイデアや技術をもとに新しいサービスやビジネスを展開する企業」のことを指します。
つまり、「ベンチャー企業でありながら中小企業でもある」というケースも存在するのです。
実際に、ベンチャー企業の多くは小規模から中規模なので「中小企業のベンチャー企業」は数多くあります。

ベンチャー企業とスタートアップの違い

スタートアップとは「新たに立ち上げられた勢いのあるビジネス」のことを指します。
たった数年で世界を変革するような破壊的イノベーションを起こすような企業もあるのです。
既存のビジネスではなく「新規に立ち上げられたビジネス」である点がスタートアップの大きな特徴と言えます。

ベンチャー企業と社内ベンチャーの違い

社内ベンチャーとは、「企業が新規事業を作り出すために社内に設けた事業」のことです。
社内ベンチャーはあくまでも企業内の組織で、独立した組織ではありません。
そのため、法人登記なども行われていないのが特徴です。

ベンチャー企業は激務?

「ベンチャー企業での仕事は、かなりハード」
そのような話を聞くことも多いかと思います。

実際、ベンチャー企業は社員数の少ないことが多く、一人の社員がこなさなければならない業務の範囲も広くなりがちです。
その結果、激務になることも多いでしょう。
そのため「激務の割に給与が低い」と感じる人も、少なからずいらっしゃいます。

しかし、ベンチャー企業は「激務」というデメリットばかりではありません。
社員が少ないということは、裁量が大きく、多くの経験が得られやすいということでもあります。
そのため、早いうちから多種多様な業務に触れて成長していきたいと考えている方にはいい環境と言えるでしょう。

沢山の仕事がある中で楽しく働くためにも、理念に共感し、仕事内容自体に楽しみを見出せることが重要です。
「会社を大きくするのが楽しい」
「将来のために今は経験を積みたい」
ベンチャー企業はそういった方に向いていると言えます。

ベンチャー企業と大企業の違い

ベンチャー企業は、大企業と比べると行き届いた研修制度や教育の体制が整備されていないことも多いです。
しかし、だからこそ、経験を重ねながら、自分で考えてビジネスを回していく感覚を身につけられる環境とも考えられます。
大企業の多くが整えている研修制度や教育体制はもちろん魅力的ですが、ベンチャー企業だからこその魅力もあるのです。
その両方を冷静に比較して「自分はどちらにいきたいのか?」を判断しましょう。

ここで、大企業のメリットデメリットについて、簡単に紹介します。

大企業のメリット

  • 社会的信用の大きい企業が多い
  • ヒト・モノ・カネというリソースが揃っている
  • 規模の大きい仕事ができる
  • 福利厚生が充実していることが多い
  • 定期昇給がある場合が多い

大企業のデメリット

  • 担当する業務範囲が狭くなることもある
  • 経営陣との距離が遠く、一社員の提案が通りづらい
  • 転勤の可能性がある
  • 年功序列制の場合が多い

上記のようなメリット・デメリットを考慮し、大企業に魅力を感じる方はそちらを選ぶのも良いでしょう。
どちらが良いということではなく、個人の価値観によって行きたい企業を選ぶことが大切です。

ベンチャー企業で働くメリット・デメリット

ここからは、ベンチャー企業で働くメリット・デメリットについてご説明いたします。
ぜひご自身の「仕事に求める価値」と照らし合わせながら、ベンチャー企業で働くことを検討されてみてください。

もちろん、以下のメリット・デメリットは、全てのベンチャー企業に当てはまるわけではありません。
あくまでも「傾向」として参考にしてください。

ベンチャー企業で働くメリット

給料

  • 年功序列制ではなく業績や能力が反映される場合が多い
  • ストックオプション(経営者や従業員が自社株を購入できる権利)がある場合もある

福利厚生

  • フレックス制度、テレワークが充実している企業も多い
  • 自分から声をあげて制度を作るチャンスがある

仕事環境

  • 似た価値観の仲間が集まる
  • 意思決定のスピードが速い
  • 個人の裁量が大きい

将来性

  • 将来大きく成長する可能性を秘めている

ベンチャー企業で働くデメリット

給料

  • 大企業と比べると低い傾向にある

福利厚生

  • 退職金制度などの福利厚生は整っていないケースも多い

仕事環境

  • 社員間の競争が激しい

将来性

  • 成長段階であるため、事業が継続できなくなるリスクもある

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業に向いている人は、以下の通りです。

  • 楽観的
  • 変化を好む
  • コミュニケーション能力が高い
  • 新しい体験を好む

楽観的

ベンチャー企業は、新たな市場を切り開くビジネスが多いため、様々な挑戦が必要です。
悲観的だと、なかなか新たな市場を切り拓けません。
ポジティブに物事を捉え、苦しい場面でも前を向き行動できることが重要です。

変化を好む

ベンチャー企業は成長過程の場合が多いため、職場環境や仕事内容の変化が激しいです。
また、実力主義の場合も多いので、年齢や勤続年数に関わらず、大きな仕事を任されることがあります。
そのため、たとえ自分にとって未経験の業務内容であったとしても、新しい仕事を任されることもあり、「いつも同じ作業ばかりをやっていたい」という方には向かないでしょう。
逆に決まりきった仕事ではなく、変化の大きい仕事の方が楽しんで取り組める方には、非常に向いている環境といえます。

コミュニケーション能力が高い

ベンチャー企業は、他の社員との距離も近いです。
エンジニアと営業が連携を取ったり、社長とデザイナーが直接話したりといったこともよくあります。
様々な職種の方々と連携を取ることが多いため、コミュニケーション能力が高い人に向いている環境であるといえます。

新しい体験を好む

ベンチャー企業での仕事は、「道なき道を切り開く」という感覚が非常に強いです。
若手のうちから新規事業の立ち上げに関わることも多く、新しい体験の連続となるでしょう。
業務マニュアルが整備されていない場合も多く、むしろ自分がマニュアルを作る側に回ることもあります。
つまり、新しい仕事を自分で試行錯誤しながら取り組み、業務を改善して業績に貢献していく必要があるのです。
そのため、新しい体験を好み、自らの手で新しい道を切り開きたい方はベンチャー企業に向いています。

まとめ

ベンチャー企業のメリットは以下の通りです。

  • 年功序列制ではない場合が多い
  • フレックス制度、テレワークが充実していることも多い
  • 自分から声をあげて制度を作るチャンスがある
  • 似た価値観の仲間が集まる
  • 意思決定のスピードが速い
  • 裁量が大きい
  • 成長できる
  • 将来大きく成長する可能性を秘めている

ベンチャー企業のデメリットは以下の通りです。

  • 給料が大企業と比べると低い傾向にある
  • 退職金制度や保険などの福利厚生は整っていないケースも多い
  • 職場での競争が激しい
  • 事業が継続できなくなるリスクがある

ベンチャー企業は、安定を重視する人には向いていないかもしれません。
しかし、大変なことも沢山ある分、大企業では経験できないことを沢山経験できる環境でもあります。
大切なのは「ご自身に合った職場や環境を見つける」ことです。
ベンチャー企業への就職に不安を感じる方は、実際に働いている先輩などの話を聞いてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました