【質問例つき】最後のひと押し!最終面接を乗り越えるための逆質問

アカリクコラム
この記事は約7分で読めます。

面接の逆質問って気が重くなってしまいがちですよね。今までの面接や説明会でもう十分質問してきたり、そもそもそう沢山疑問がなかったりすると、何を聞けばいいのかと悩む人もいることでしょう。
最終面接という場となると逆質問へのプレッシャーが大きくなることもあって、質問を考えること自体が難しい、と感じる人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、最終面接に特化した逆質問について紹介します。
この記事を参考にして自信をつけ、むしろ最終の逆質問はチャンスだ!と思って面接に挑んでいただけましたら幸いです。

目次
  1. そもそも、逆質問で企業は候補者の何を知りたいのか
    1. 候補者の準備力を知りたい
    2. 候補者のイメージ力を知りたい
    3. 候補者の質問力を知りたい
  2. 1次面接や2次面接と最終面接では逆質問はどう変わるのか
    1. 最終面接は最終決定の場である
    2. 最終面接の面接官は会社の経営層であることが多い
  3. 最終面接の逆質問で踏まえるべきポイント
    1. 大前提として聞きたいことを質問する
    2. 「働き方」だけではなく大枠の「会社としての姿勢」を質問する
    3. 自分の夢を絡めて質問する
  4. 逆質問の良い例・良くない例
    1. 良い例
      1. 「○○さんがこれまでに立ててきたキャリアプランや、それに対しどのように努力されてきたのかを、差し支えない範囲で教えていただけませんか」
      2. 「御社の経営戦略の○○の点について、自分はこう考えているのですが、理解不足だと感じているので詳しくお聞かせ願えませんか」
      3. 「これから入社する新入社員に対して、求めている素質や働きはどのようなものですか?」
    2. 良くない例
      1. 「御社の○○事業に興味があるのですが、採用していただいた場合、その事業に携わることは可能でしょうか」
      2. 「御社の今後の方向性について教えてください」
      3. 「もしご縁をいただき入社が叶いましたら、配属先はどのように決まるのでしょうか」
cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

そもそも、逆質問で企業は候補者の何を知りたいのか

どの面接でも、あるいは説明会でも、企業側は逆質問の時間が確保されていることが多いです。
それはもちろん、候補者の疑問を解消したいという思いがあるからに他なりませんが、企業側が逆質問によって応募者をふるいにかけようとしている面もあります。

特に最終面接ともなると、逆質問の時間を単なる質問の場としてしまうのは大変もったいない行為です。自己PRも兼ねられるよう、企業がどのようなポイントに着目しているのかを知っておいたほうが良いでしょう。

候補者の準備力を知りたい

質問内容を見ると、候補者がどれくらい下調べをしてきたのか、面接に対してどれぐらい準備してきたかを知ることができます。

企業は逆質問を通して、候補者が自分たち企業に対しどれぐらい熱意をもって準備をしてきているのか、を知ろうとしています。面接練習はしていても、逆質問にまで手が回らず準備していなかった、とならないよう、あらかじめ質問内容を練っておくことは必須でしょう。

候補者のイメージ力を知りたい

また逆質問からは、候補者が「働くこと」についてどのようなイメージを持っているかを測ることができます。

候補者が下調べによって得た情報からどのように具体的にイメージできているのか、またイメージと現実をすり合わせるためにどのような努力・準備をしてきているのかを、企業は知ろうとしています。
逆質問では、是非自分の認識と現実を擦り合わせていくことを意識してみてください。

候補者の質問力を知りたい

質問をするためには、準備力やイメージ力だけでなく、その人の持つ好奇心や探究心、発想力や推察能力など、総合的な思考能力が必要となります。

働く上で、自分から課題を見つけてそれをクリアするための手立てを考える過程、というものは避けて通ることができません。つまり、ビジネスの場において「疑問に思う」能力は必須であるということです。

ここで注意すべき点は、逆質問の時に質問を投げっぱなしにしないようにすることです。
後述しますが、最終面接では企業としての姿勢を問うような質問が良いとされています。
それを、姿勢を問うだけではなく、例えば「自分の解釈している企業理念は○○なのですが」や「方針としては現状こうなっているのだと考えているのですが」など、自分なりの考えがあるということをアピールする方が、思考力のアピールになります。

1次面接や2次面接と最終面接では逆質問はどう変わるのか

最終面接では、雰囲気がそれまでの面接と異なってくる場合も多いです。
当然、逆質問もそれまでの面接とは意識するポイントが変わってきます。

最終面接は最終決定の場である

最終面接とはその名の通り「最後の面接」であり、内定を出すか出さないかを判断する最終決定の場です。

したがって、面接の中で採用する決め手を見せることができれば、内定に繋がりやすいと考えられます。自分から話し始めることのできる逆質問の場は、それにもってこいの場面です。
これまでの面接よりも、より「自己PR」を意識しながら質問ができるとベストです。

最終面接の面接官は会社の経営層であることが多い

1次面接や2次面接は、採用担当者や現場で働いている社員が面接官となってきました。
一方、多くの企業では最終面接の面接官を社長や役員など、企業の経営を担う立場の人間が担当します。

したがって、見られているポイントは「現場で一緒に働きたいか」ではなく「この人は会社にどう貢献してくれるか」に移行している、と考えるのが良いでしょう。

これまで見られてきた人間性やコミュニケーションスキルに加えて、企業や事業への関心の高さなどをアピールできる逆質問を用意できると、良い自己PRに繋がると言えます。

最終面接の逆質問で踏まえるべきポイント

上記の点を踏まえて「最終面接における逆質問」で踏まえるべきポイントについて解説していきます。

大前提として聞きたいことを質問する

まず、自分が知りたいと思っていることを聞くことが大前提です。

就職活動で見るべきポイントは、自分と企業とのマッチングです。
自分がその企業で働く上で、持っているイメージに間違いがないのか、ビジョンはきっちりすり合わせができているのか、不安に思う部分はないかなど、今一度疑問点が残っていないかを振り返り、もしあればその疑問は解消しておきましょう。
これは、今までの1次・2次面接と同様です。

しかし、最終面接は選考の最終場面でもあるため、調べれば分かるような質問であったり、1次・2次面接で聞いておくべき実務や現場に関する質問などは、あまり優先すべきではないでしょう。
下調べや準備不足を疑われそうな質問であるならば、時間が余ったときに「再度確認なのですが、」等の前置きをして行うのがベターです。

「働き方」だけではなく大枠の「会社としての姿勢」を質問する

最終面接の面接官は、企業の経営層となることが大半です。
実務についてというよりは、経営の方向性、会社としての姿勢など、役員クラスだからこそ聞けるような質問ができると良いでしょう。

特に昨今のコロナ禍の中で、多くの企業は経営方針や対策の確立に追われています。
経済活動に制限がかかっている中で、どのような生存戦略を立てているのかは聞いておいて損はないでしょう。

自分の夢を絡めて質問する

逆質問は、面接の中で唯一こちらから会話をスタートすることのできる場面です。
そこまでの面接でアピールできなかった自分の良さを、質問と絡めて上手く話すことができれば、逆質問の場で自己PRをすることも可能です。

また、企業は多くの場合、自社で大きなことを成し遂げてくれるような人材を求めています。
自分には成し遂げたいビジョンがあり、それを叶えるために何が必要で、こういうことが知りたいんだ、という風に質問することができれば、企業から魅力的な人材だという風に見られる可能性が上がるでしょう。

逆質問の良い例・良くない例

 ここでは実際に逆質問の良い例・良くない例を紹介いたします。

良い例

「○○さんがこれまでに立ててきたキャリアプランや、それに対しどのように努力されてきたのかを、差し支えない範囲で教えていただけませんか」

出世し役員クラスになろうという熱意が感じられます。
またイメージのすり合わせとして、自分が考えているキャリアプランの話に繋げることもできます。

「御社の経営戦略の○○の点について、自分はこう考えているのですが、理解不足だと感じているので詳しくお聞かせ願えませんか」

自分なりの仮説を持った上の質問であることをアピールできています。
また、経営戦略や事業展開について知見を深めようと努める姿勢を見せ、入社意欲をアピールできています。

「これから入社する新入社員に対して、求めている素質や働きはどのようなものですか?」

社員や役員が、社員に対して求めているものは何かを確認する質問です。活躍したいという熱意が感じられます。また、企業の理念や雰囲気と自分の思っているイメージにズレがないかを確認することも出来ます。

良くない例

「御社の○○事業に興味があるのですが、採用していただいた場合、その事業に携わることは可能でしょうか」

その事業以外であれば意欲を持って働いてくれないのか、と不安をいただかせてしまう可能性があるため、逆質問としてはあまり良い質問とは言えないでしょう。また、YES/NOで答えられるような質問は話が広がらないため、もう少し深く突っ込んだ質問にする方が良いと言えます。

「御社の今後の方向性について教えてください」

質問内容が抽象的過ぎるため、準備不足を疑われる可能性があります。
また、答えを相手に丸投げしているという印象も感じられる可能性もあります。

「もしご縁をいただき入社が叶いましたら、配属先はどのように決まるのでしょうか」

入社したいという意欲は伝わりますが、質問内容は1次・2次面接など、これまでの面接で解消しておくべき疑問であると言えます。
逆質問の時間は限られているため、可能であればこのような質問は後回しにするのが良いと言えます。

逆質問を上手に活用して最終面接を制そう!

今回の記事の内容を以下にまとめます。

  • 基本的な部分はこれまでの面接と同様に気を付けよう
  • 役員クラスだからこそ聞ける質問を準備しよう
  • 逆質問は自己PRの場であることも忘れずに
  • 逆質問は質疑応答できる最後の場。疑問はなるべく解消できるようにしよう

最終面接の中でも、逆質問は最後のパートです。これまでの就職活動の集大成とも言えるでしょう。
ぜひこの場面を、内定を勝ち取るための最後のひと押しとして捉え、乗り越えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました