大学院入試の面接で必ず問われる進学理由。答える際に気を付けるべきポイントとは

アカリクコラム
この記事は約7分で読めます。

大学院の入試では多くの場合「面接」が行われます。

大学院入試において行われる面接において「大学院への進学理由」はもっともよく聞かれる質問です。

また、大学院に進学する人であっても、修了後に民間企業等に就職することを希望する人も多いと思われますが、就活時の面接においても「大学院への進学理由」は、よく聞かれる質問です。

大学院入試や企業等での面接において、大学院への進学理由を聞く「目的」や回答する際の「注意点」について、今回のコラムでは見ていきましょう。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

大学院入試で面接をなぜ実施するのか?

大学院入試における面接では「論理的思考能力」や「研究に対する姿勢」を見られていると言われます。

大学院は、2年間~5年間にわたる研究教育を通じて、研究者を養成していくことを目的とした教育機関です。そのため、大学院の面接においては、研究者として歩んでいくにあたり重要な能力である「論理的思考能力」などについて、評価されていると言われています。

また、大学院に進学し研究を進めていくと、必ずしもすべての実験がうまくいくということはありません。一方、失敗も非常に重要であり、失敗の中から次の仮説を見出していくような柔軟な考え方も大切です。このことから「研究への向き合い方」もまた、面接で聞かれることが多いでしょう。

大学院の進学理由を聞く目的は?

大学院入試における面接で必ず質問される「進学理由」。進学理由を聞く目的としては

  • 大学院でどのような研究をしたいのか知りたい
  • 本当に進学したい熱意があるのか確認する

ためであると言われています。それぞれ、詳しくみていきましょう。 

大学院でどのような研究をしたいのか知りたい

進学理由を聞く目的の1つ目として、学生が行いたい研究内容と、研究室の研究内容のミスマッチを防ぐためと言われています。

大学院に進学すると、朝から晩まで毎日のように研究を行う日々が、短くとも2年間は続きます。万が一にも、学生が望む研究が出来ないということになると、学生にとっても大学院にとっても良くないことです。

そこで、学生が大学院において「どのような研究を行い何を得たいのか」を確認するとともに、受け入れる大学院の研究室で「指導することが可能か」判断するために、どのような研究を行いたいのか質問されることが多いと考えられます。 

本当に進学したい熱意があるのか確認する

進学理由を聞く2つ目の目的としては、本当に大学院で研究したいのか意思確認したいという点もあるでしょう。

大学院は、大学のような既知の事実を座学で学ぶ場とは異なり、学生本人が主体性を持ち、研究課題に対し取り組んでいく必要があります。研究では、既知の事実を学ぶのではなく、これまで知られていないことを明らかにしていく必要がありますが、まだ知られていないことだからこそ、答えを教えてくれる人はいません(もちろん、指導教員は相談に乗ってくださったり、アドバイスを頂くことはできるでしょう)。

この答えを導き出していくためには、学生本人が主体的に動くしかなく、本当に進学して「研究」に取り組む意思があるかどうか確認するために、進学理由を聞かれることも多いと言われています。

進学理由を回答するうえで気を付けるべきポイント

進学理由については

  • 大学院を志すきっかけや理由
  • 入学後に何をしたいか
  • 大学院修了後のキャリアをどのように考えているか

というように、大学院進学を志すに至った「過去」から、「将来のキャリア設計」まで質問されることが多いことから注意が必要です。 

大学院を志すきっかけや理由

まず、大学院に進学する理由が明確な人とそうでない人は、研究への向き合い方が大きく異なるのは事実で、面接ではその人の本気度を見られているかもしれません。

大学院では、特定の研究課題について多くの実験や調査を繰り返し、これまで知られていなかったことを明らかにしていくことが求められます。しかしながら、様々な実験を行っていくなかで、上手く研究が進まない時期が程度の差こそあれ出てきます。

そのようなときに「なぜ大学院進学を志したか」という背景が明確になっていた人の場合、あきらめずに研究を進め、成果を出すことが出来ているのが現実です。一方、進学理由が明確でない場合や、消極的な理由で進学した人の場合、研究が進まないという壁にぶつかると、途中で退学してしまった人がいるというのもよく聞く話です。

このようなことを防ぐためにも、なぜ進学を志したのか「自己分析」を行うことが大切と言えそうです。

入学後に何をしたいか

また、入学後にどのような事をしたいのか、例えば「解決したい課題」や「得たい技術や経験」など、出来るだけ明確にしておきましょう。

大学を卒業した同級生は、多くが会社で働き給与を得ています。一方、大学院に進学し、学生を2年以上続けて得たいものはなんでしょうか。例えば「ある問題に対して、自分自身が解決策を導き出したい」とか「海外での共同研究などの経験を積みたい」など、人によって進学理由は様々だと思います。

せっかく学問に専念できる2年間もしくは5年間だからこそ、在学中に何をしたいか明確にし、大学院での学びを有意義なものにしていくことが大切です。先生方も、出来るだけ大学院での学びが有意義なものになるよう助力したいため、進学理由を聞くことも多いと言われています。

大学院修了後のキャリアをどのように考えているか

最後に、修了後の進路選択についてもイメージしておくことは大切です。

大学院で得た知識・経験をもとに、どのような所で活躍することを目標としているでしょうか。大学院の面接であっても、進学する研究室を探す段階であっても、修了後のキャリアはよく質問される内容です。修了後のキャリアをイメージ出来ているということは、大学院における研究を進めるためのモチベーションにもなるでしょう。また、大学院の研究計画を立てる段階であれば「将来のキャリアに役立つ研究」が出来るようにアドバイスを貰えることもあるでしょう。

外部進学の場合は進学理由が重要視されることも

外部進学の場合には「なぜこの大学院を選んだのか」進学理由が重要視されることも多いです。

内部進学であれば、現在行っている研究をさらに継続していくことが多いと思われますが、外部進学の場合には、研究も変われば、指導してくださる先生も変わることになります。

このような場合、なぜ自身の出身大学ではなく他大学の大学院を志望したのかという点が重視されるのではないでしょうか。そのため、外部進学時の面接の場合には、受験に合格した際にお世話になる予定の研究室で

  • なにを学びたいのか
  • どんな研究をしていきたいのか

内部進学をする時以上に、明確にしておく必要があるでしょう。 

就活面接のときに企業から質問されるケースもある

就活時の面接において、大学院への進学理由を質問されることもあるでしょう。

大学院修了後の進路として、民間企業への就職を目指す人も多いでしょう。

  • なぜ大学院に進学したのか
  • 大学院で学んだことを活かせないかもしれないが大丈夫か

といったような質問をされることが多くあります。

特に「なぜ大学院に進学したのか」という質問の意図は、大学院進学~修了後における就職までのキャリアに一貫性があるかどうか判断される材料でもあるといわれています。そのため、大学院に進学を決める段階から「どのようなキャリアを歩みたいか」「キャリア形成において大学院進学はどのような意味を持つのか」など、大学院修了後のことを念頭において、進路選択をすることが重要といえるでしょう。

自己分析を行い進学理由を明確にしよう

大学院入試で行われる面接では、進学理由を問われることが多いです。この進学理由を聞く目的として

  • 過去:なぜ進学を志すのか
  • 現在:進学することで何を得ていきたいのか
  • 未来:自分自身のキャリアをどのように考えているのか

というような、大学院進学を決めた「過去の背景」から、将来の自分は何をしたいかという「将来設計」までを質問したいためであると考えられています。

さらに大学院修了後、企業等への就職を目指す場合には

  • 就活時の面接において大学院の進学理由を問われる

ことも多く、大学院進学~修了後の就職までのキャリアに一貫性があるかどうか判断される材料であるといわれています。

そのため、大学院進学にあたっては、過去(進学を志す理由)~未来(なりたい将来像)まで、しっかり自己分析を行い、明確にしておくことが大切といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました