大学院修了後の就職は不利?学部卒とどちらが就職しやすいか

アカリクコラム
この記事は約8分で読めます。

「学部新卒としての就職に失敗したら大学院に行こうかな」と思っていませんか?

修士課程、または博士課程を無事修了すれば、新卒としての就職活動をやり直せますし、学歴の観点からも内定をもらいやすいイメージがありますよね。

しかしながら、学部生と大学院生では就活生としての扱いが企業で異なり、場合によっては学部生のときに就職した方が良いケースもあります。

そこで今回は、学部卒で就職をするか大学院に進むかで悩んでいるあなたのために、

・学部卒と院卒それぞれの就活におけるメリット

・大学院に進学する際の注意点

・就職か大学院かで迷っている場合に考えるべきこと・やるべきこと

について紹介します。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

就職にはどちらがいい?

学部生で就職するよりも、院に進学してから就職したほうが、メリットが多いイメージがありますが、実は学部生で就職するメリットもあります。ここでは、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

学部卒での就活の利点

学部生で就職するメリットは、社会経験を早く積むことができるという点です。一般的に、修士課程を修了し就職するのは24歳からです。しかしながら、学部生であれば22歳で就職でき、大学院生よりも2年分長く社会経験を積むことができます。

企業側は学部生を即戦力として求めておらず、入社後に育てることを前提に採用することが多いでしょう。

企業側は学部生のポテンシャルを見て採用しているため、求めている人材とあなたの強みがマッチすれば内定がもらえるでしょう。あなたの強みが会社にどう活かせるかをアピールすることで採用に繋がります。

大学院卒での就活の利点

大学院卒での就活のメリットは、自分の専門分野を活かした就活ができるということです。大学院では2年間研究を行うことで、専門知識やスキルを深められます。

そのため、企業がその専門分野に詳しい人材を求めている場合、優遇される可能性があります。研究職や開発職でよくある傾向です。

また、研究で培われた能力が評価されるため、学部生より採用されやすいこともメリットです。研究をしていると成果を出すために乗り越えなければならない課題が多く出てきます。

その時に、論理的に仮説を立て、検証を行い、結果を見て、次に行うことを決めるということを繰り返すでしょう。

このサイクルを何度も行うことで論理的思考やPDCAサイクルの回し方、問題解決力などさまざまなスキルが得られます。他にも、学会に参加することでプレゼンテーション能力や質疑応答によるコミュニケーション能力を培うことが可能です。

研究で得られたスキルは実際の仕事にも使えることが多いため、学部生よりも即戦力として扱われることがあります。そのため、企業によっては院生を積極的採用しているところも少なくありません。

就職が決まらないから大学院進学!が危険な理由

大学院生として就職することはメリットが大きいです。しかしながら、就職が決まらないからという理由で大学院へ逃げるように進学するのはおすすめできません。

理由としては、

・文系の大学院卒は就職先が少ない

・理系でも専門職は狭き門

・大学院卒は年齢がネックになりやすい

・強みがないと就職先の選択肢が更に少なくなる

という点があります。

文系の大学院卒は学部卒よりは就職先が少ない

文系の大学院に進学した場合、文系の学部卒よりも就職先が少なくなるので注意が必要です。大学院では専門的な知識やスキルを身につけることができますが、文系の場合、企業から求められている研究を行っている人が少ないため、採用につながりにくくなる場合があります。

さらに、企業側にとっても大学院卒であれば給与を高く払わなければならないため、リスクが大きく、学部生よりも慎重に採用を行う場合も少なくありません。

そのため、文系の院生は就職が厳しくなるケースがあります。文系院生の方が内定をもらうためには就活の準備をしっかりと行い、幅広い業種や職種を視野に入れることが大切です。

理系でも専門職は狭き門

理系の院生でも専門職に就くのは難易度が高いことを知っておきましょう。

研究職や開発職は採用条件を「修士以上の学歴がある人」にしている企業も少なく、院生の方が採用されやすい傾向があります。

しかしながら、研究職の倍率はどの企業においても高く、多くの院生と採用枠を取り合うことになるでしょう。厳しい選考を通過できた人だけが内定をもらうことができます。

そのため、院生だからといって必ず研究職や開発職に就けるわけではありません。品質管理や生産技術などの他の理系職も視野に入れておきましょう。

大学院卒は年齢がネックになりやすい

大学院卒の場合、年齢がネックになる可能性があります。民間企業の場合、何歳で入社しても、定年退職になる年齢はほぼ同じになります。

そのため、長く働ける人の方が多くの利益を生み出してくれるため、若ければ若いほど採用されやすい傾向があります。つまり、大学院生は学部生よりも最低2年は差が出てしまうことから、学部生が積極的に採用される場合もゼロではありません。

さらに、大学受験で浪人していたり、単位不足で留年をした場合、年齢が上がってしまうので、より就活のハードルが上がってしまいます。

年齢が就活におけるネックにならないためにも、ただなんとなく大学院に進学するというのはよくないでしょう。

強みがないと就職先は更になくなる

大学院生は企業側から専門性を求められることがあります。よって、研究に真摯に取り組んで知識やスキルを取得していることが必須です。そのため、専門性や強みがない人は就職が難しくなります。

「周りが進学したから」や「就職に失敗したから」という理由で進学する人がいるでしょう。しかし、そのような人は研究に対する意欲がそこまで高くなく、大学院に入ってもあまり研究を進められず、専門性を身につけられない可能性があります。そのため、面接で自身の研究について聞かれたときにしっかりと答えられず、選考に落ちてしまうかもしれません。

もし大学院に進学するのであれば、研究を行って専門性を身に着ける覚悟をしてください。

就職か大学院かで迷っている場合

就職か大学院かで迷っている場合、どちらを選べばいいのでしょうか?正しい選択は人それぞれのため一概には言えません。

しかし、迷っているのであれば、さまざまな情報を集めて考えたり、行動することが大切です。

進路選択において重要なポイントを4つ紹介します。

学部卒で就職できないという理由での大学院進学はやめたほうがいい

先述のとおり、学部新卒として就職ができなかったという理由で大学院に進学するのはやめましょう。研究意欲がないとただ無駄に時間を浪費してしまうだけになってしまうからです。

院生は高い専門性や研究で得られたスキルを持っているからこそ、企業から評価され採用されます。専門的な知識や能力を得るためには、研究を積極的に行うことが必要です。

研究は答えのない課題に取り組む必要があるため、さまざまな障壁が現れるでしょう。それを乗り越えるためには、高いモチベーションが必要です。

研究に対して意識が低い人はモチベーションが続かず、努力を怠ってしまう可能性があります。結果、専門性が身につかず、大学院生としての就活も失敗してしまうかもしれません。そのため、研究に興味がなければ就職を選ぶことをおすすめします。

やりたいことがあれば院進学もあり

就活が上手くいかなくても、やりたい研究があるのであれば大学院進学は問題ありません。研究を真剣に取り組む意志があれば、専門性を培うことができ、就職にプラスの影響が出ます。

もし進学を考えるのであれば、多額の学費を払っても研究したいことがあるかを探してみましょう。大学院の学費は国立の場合は2年間で135万円、私立の場合分野によっては200~700万円程度と決して安くありません。そのため、やりたいこととやりたい理由を明確にしてから選択することをおすすめします。

参考データ 東京大学 授業料、入学料、検定料の額

参考データ 慶應義塾大学大学院の学費

院卒だからと高い給与が確約されるわけではない

院卒だからといって必ず給与が高くなるわけではないので注意が必要です。

一般的には学部卒よりも院卒の方が給与が高いです。内閣府経済社会総合研究所が2014年に出している論文「大学院卒の賃金プレミアム」によると、院卒生の年収と学部卒で入社した同年齢の人の年収を比較すると、2年目以降院卒生の年収が高くなり、次第に差が広がる傾向にあります。そのため、院卒であれば高い給与が得られるでしょう。

しかしながら、必ず高い給与が得られるわけではありません。年収が高くなるためには、会社での評価が大事です。業務経験が2年分多く、優秀な業績を収めている学部生は、院卒より給与が高くなる場合があります。

もし高い給与を得たいのであれば、進学せずに就職して、会社で高い評価をもらえるように仕事をするという手もあります。

就活を最後まであきらめずに行う

進学する理由がない場合は、就活を最後まで諦めないことも大切です。周りが進学したり、内定をもらっている中で、自分だけ進路が決まっていないのは辛いでしょう。

しかしながら、働き口はたくさんあります。諦めずに続けることで志望している職種のある企業から内定をもらえる可能性はあがります。

そのため、内定をもらっていなくても、前向きに行動しましょう。

就活の先延ばしの院進学はリスクが高い

就職か進学を迷っている人向けに考えてほしい大切なことを紹介しました。内定がまだ出ていなくて困っているとしても、就活の失敗を理由に大学院へ進学するのはおすすめできません。本当に研究したいことがあれば進学、なければ諦めずに就活を続けることをおすすめします。

自分の将来のためにも悔いのない進路選択を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました