研究室に行くことがつらい人、必見!しんどいと感じたときの対処法を紹介

アカリクコラム
この記事は約7分で読めます。

研究室に行くのがつらい、行きたくない、と悩んではいませんか?研究室内の人間関係や、研究が思うように進まない、研究室が放置系だったなど、大学の研究室にはさまざまな悩みが生まれる理由があります。

卒業するまでじっと耐えるべきなのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

あなたのあとに続く学生のためにも、そして何よりあなた自身のためにも、我慢しないでください。

研究室がつらいと感じたときにはどう対処すればいいのか、紹介しましょう。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

研究室に行くことがつらいのはあなただけじゃない

研究室に行くのがつらい人は世の中にたくさんいます。ためしに「研究室 つらい」と検索してみてください。膨大な数の情報が表示されることに驚くかもしれません。

第10回全国院生生活実態調査によれば、「研究活動」に何らかのストレスを感じている人は45.0%にのぼります。

研究室は、次のような背景がある極めて特殊な環境です。

・指導教員、大学院生、学部学生のみで構成されている

・指導教員が卒業や研究に関する大きな権限を握っている

・長時間を過ごす場であり、人間関係の影響を受けやすい

研究室に行くのがつらくなる理由をいくつかに分類し、ひとつずつときほぐしてみましょう。

参考:全国大学生活協同組合連合会「第10回全国院生生活実態調査 概要報告」https://www.univcoop.or.jp/press/life/report_m10.html

うまくコミュニケーションができない

研究室では、指導教員と学生、先輩と後輩などの間でコミュニケーションが必要になりますが、それがうまくいかずに悩む人は少なくありません。

実は、大学の教員というのは自分の専門分野については膨大な知識を持っていても、「教育」について学んだことのない人が大半です。

そのため、指示があいまいでよくわからない、人の好き嫌いが激しい、学生のためと称して厳しすぎる指導をするなど、コミュニケーションが下手な教員も存在します。

研究室の先輩はそんな教員のもとであなたよりも長い時間を過ごしてきた人たちです。その教員のやり方を見てきているため、同じような態度であなたに接する可能性が高くなります。

研究室のコミュニケーションがうまくいかないのは、あなたのせいではない場合が多いのです。

自主性を重視される

大学や大学院では、塾や予備校のように教えられて学ぶのではありません。学生が自らの探求心に基づき自主的に学ぶことが、大学の学びの本分です。

しかし、学生の自主性を拡大解釈して適切な指導を行わない、「放置系研究室」と呼ばれる研究室も、残念ながら存在します。

教育に対する意識が欠けた教員が、研究の進め方の相談や分析のディスカッションに応じない、論文を見ない、等の問題が発生しているのが放置系研究室の特徴です。

研究室という閉鎖的で特殊な環境では、学生自身もそれが異常だと気づくのに時間がかかります。放置系研究室はアカデミックハラスメントのひとつであることを知っておきましょう。

適切な指導が受けられないままでは、研究ノウハウを学ぶ機会が失われます。その結果、研究者として通用しない人材となるケースも出てきています。学生にとって、それは大きな問題なのです。

研究が進まない

卒業論文や修士論文などを書くためには、研究の結果やデータが必要です。しかし、予定したように進まないのが研究でもあります。

こつこつと集めてきたサンプルをうっかりこぼしてしまった、1週間もかかる実験に失敗した、アンケートの回答データが集まらなかった、行くはずだったフィールドワークが中止になったなど、研究中は思わぬ事態に振り回されます。

研究が順調に進まないと、やる気をなくしてしまったり不安になったりして、つらいですよね。けれども、ほかの学生と話してみると、意外にみんな同じような状況だったりもするのです。

拘束時間が長い

研究室によって、規則はさまざまです。理系の研究室には、とにかく拘束時間が長いところが多くあります。

ほぼ毎日、朝から晩まで実験の繰り返しばかりで、家には着替えに帰るだけ、アルバイトはもちろん就活で研究室を離れることにさえ嫌な顔をされる、というケースも耳にします。

遊びや旅行、アルバイトやインターンシップなど、学生生活を謳歌しているほかの学生とわが身を比べると、つらくてたまらなくなってしまいますね。

研究一筋の教員の場合、今の学生の生活や就職活動の実態を十分に知らないまま、自分がやってきたやり方に固執しているということも考えられます。

研究室に行くことがつらいときの対処法

研究室に行くのがつらいなら、じっと我慢してつらい研究室に行き続ける必要はありません。ストレスはあなたの心身を静かに蝕んでいきます。体調を崩してしまう前に、できることをやってみましょう。

・周囲に相談する

・研究を休んでみる

・研究室を変更する

・就職する

など、対処法はいくつかあります。

一人で抱え込まずに周囲に相談する

研究がつらい、なんだかこの状況はおかしいと感じたら、誰かに相談してみてください。研究室の教員に直接あなたの思いを伝えてみませんか?それが無理なら、別の研究室の教員や先輩、友人などに話を聞いてもらいましょう。

人に話を聞いてもらい、あなたの状況を分かってもらうだけでも、気持ちが落ち着くものです。相談することで具体的な対処方法が見つかれば、なおいいですね。

もしも、あなたが置かれている状況がアカデミックハラスメントにあたるのなら、大学のハラスメント相談室や学生課などに伝え、改善を図ることも必要かもしれません。

2週間程度、研究を休んでみる

つらさをこらえて限界まで頑張ってしまった人が、ある日突然、頑張る力をなくしてしまうことがあります。そこまで頑張る必要などありません。

もし、研究がつらいと感じたら、教員や周囲と適切なコミュニケーションを取りながら一度研究を休んでみましょう。

休む期間は、短すぎず長すぎず、十分な休息がとれる2週間程度がひとつの目安です。もちろん、出席に必要な日数や研究室の事情などに合わせて、期間を調整して構いません。

休んでいる間は、たとえば細胞や動物の世話などの研究室で任せられている作業も別の方に任せて、休むことに専念してください。なぜなら、これは「休むため」のお休みなのですから。

今まで忙しすぎてできなかったことに挑戦するのも、気分転換になります。キャンプに行ってみたり、読書や資格の勉強などをしながら、今後どうしていきたいのかを考えてみるのもいいですね。

研究室を変更する

あなたが求めているのは、今の研究室で研究を続けることでしょうか? もしも、卒業さえできればよい、学位が取れればよい、研究に向き合えればどこでもよい、というのであれば研究室を変えることも考えてみてください。研究の本質は、どこの研究室であっても、本来同じであるはずです。

大学院に進学するタイミングで、今よりも偏差値や知名度の高い大学に移るのもよいでしょう。同じ大学内であっても、研究の幅や視野を広げるため、学部と大学院では別の研究室を選ぶのも、珍しいことではありません。

進学時以外でも、どうしてもその研究室がつらいときには、大学に研究室の変更希望の相談をしてみましょう。いつまでも、つらい研究室に固執する必要はありません。

就職する

もしも研究が思うように進まなかったとしても、あなたの人生が否定されるわけではありません。大学の研究室で研究したテーマを一生追い続けている人は、ほんの一握りです。

大半の研究者は、進学や就職によって研究テーマや分野も大きく変えていますし、研究から離れて異なる分野の仕事に就く人も多くいます。

今いる研究室で過ごすことだけがあなたの生き方という訳ではないのです。就職してその研究室から離れることも検討してみてください。

今いる研究室がつらくても、研究そのものには大きな魅力を感じているのであれば、大学にこだわらずに企業で研究を続けてもいいはずです。

まとめ

研究室がつらくなる原因として

・教員や先輩とのコミュニケーションがうまくいかない

・適切な指導が受けられない

・予定通りに研究が進まない

・拘束時間が長い

の4つをあげ、詳しくその内容を見てきました。

また、研究室がつらい時の対処法として

・周囲に相談する

・研究を休んでみる

・研究室を変更する

・就職する

を紹介しました。

大学の研究室で過ごす期間は、長い人生の中のほんの数年にしかすぎないかもしれませんが、あなたの人生の方向性を決める非常に大切な時期です。つらい研究室で耐え忍ぶ必要などありません。あなたの幸せはあなた自身で選び取ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました