化学メーカーに就職したら、どんな仕事をする?業界情報とともに紹介

アカリクコラム
この記事は約8分で読めます。

化学メーカーはあらゆる物の素材を作る会社なので、非常に社会貢献性が高いですよね。

そこで今回は、化学業界についてや化学メーカーでの職種、就職するためのポイントについてご紹介します。

化学メーカーで就職を検討している方は、業界分析にもつながりますのでぜひ参考にしてください!

バナーCV-btn

研究で仕事も充実 院生・ポスドクのための就活サイト

就活において化学業界は川の流れに例えられる

化学業界は化学メーカーをはじめとして様々な業種があります。その中でも化学業界に属する企業は「川上」「川中」「川下」等の分類によって区別されることがあり、ビジネスモデルや必要とされる人材がそれぞれ異なります。

化学系の学部や研究科に在籍しているとどうしても化学メーカーに注目しがちですが、他の業界について興味を広げることもとても大切です。例えば、自動車業界では製品の物性の理解のために化学系の職種を募集していることもあります。

ここでは「川上」「川中」「川下」という語句とそれぞれに該当する企業の傾向について解説します。

川上(原料を製造する企業)

川上に属する企業は原油や天然ガスを精製してエチレンやナフサ、ベンゼンなどの原材料を生み出します。

プラスチックメーカーや製薬会社は全く性質が異なるように見えますが、いずれも石油由来の原材料をつかっており、同じ会社から原料を仕入れていることもあります。

また、川上を担う企業は川中と川下を一貫して行う総合化学メーカーであることが多いです。

就職活動においては、規模が大きいため知名度が高く採用における倍率が高いことが多い傾向があります。

川中(原料を加工して素材や化成品を製造する企業)

川中に属する企業では川上企業から原材料を調達し、加工して素材や化成品を製造します。

例えばポリエチレンやポリエチレンなどのプラスチック、合成ゴムや合成繊維などの中間製品が当てはまります。このような企業は知名度が低いものの、特定の領域でトップを走る企業であることも多くみられます。よって志願者が少ないため、就職活動の初期で志望すれば採用される可能性が高くなり、自分に合った穴場の企業が見つかることもあります。

川下(最終製品を製造する企業)

川下に属する企業では私たちが普段手にする最終製品を製造します。

具体的には化粧品や薬品、写真用フィルムなど幅広い分野のメーカーが該当し、企業の事業内容が比較的狭いのが特徴です。例えば化粧品メーカーはほとんどの場合化粧品に注力しています。学生時代の研究内容(専門分野)と企業の製品分野と関係がある方が採用されやすい傾向にあり、川下の会社規模は様々だが、誰もが知るような企業は志願者が多く、倍率は非常に高くなる傾向があります。

化学メーカーは3つに分類できる

化学メーカーと一口に言っても大きく3つに分類することができます。

それぞれの特徴を理解することで、選考対策になるだけでなく、自分がどの化学メーカーで働きたいか具体的にイメージすることができるのでぜひ理解しましょう。

大学院生(修士・博士)、ポストドクターに特化した就職情報サイト「アカリク」にも企業の求人が掲載されています。業界研究に活用してみてください。

アカリク - 大学院生(修士/博士)ポスドク専門の就職・転職情報サイト
大学院生(修士/博士)・ポスドクの就活転職支援に特化した就職情報サイト「アカリク」。 文系・理系の、修士・博士・ポスドクを積極採用企業の情報を多数掲載。直接応募や企業スカウトあり・専門エージェントへ相談可能。イベントやセミナーの情報も満載。

総合化学メーカー

総合化学メーカーとは、一般的に前述の「川上・川中・川下」を網羅し、基礎原料から中間材料、最終製品の各種製品までの一貫生産ができる企業のことを指します。

この基礎原料の調達を行うのは総合化学メーカーがほとんどです。

中間材料や最終製品を専門的に扱うメーカーが多い中で、全て自社で行える総合化学メーカーは非常に技術力が高いと言えるでしょう。

具体的な企業例

・三菱ケミカル株式会社

・住友化学株式会社

・旭化成株式会社

・昭和電工株式会社

・三井化学株式会社

誘導品メーカー

誘導品メーカーは中間材料を製造するメーカーです。

基礎原料を基に、最終製品を製造するために必要な部品を製造する役割を担っています。つまり、メーカーのためのメーカーと言えます。

誘導品メーカーは、直接消費者と関わっていないので、大手であっても名前を聞いたことがない会社が多いかもしれません。しかし、最終製品を作るためには必要不可欠な役割を担っており、多くの方々と間接的に関わっています。

具体的な企業例

・信越化学工業株式会社

・三菱ガス化学株式会社

・株式会社ダイセル

・セントラル硝子株式会社

・東レ株式会社

電子材料メーカー

電子材料メーカーは、基礎原料や誘導品を、これらを取り扱うメーカーから購入して、半導体やディスプレイなどの電子材料の生産を行うメーカーです。

こちらのメーカーは製作した電子材料を各種メーカーに販売し、さらにそのメーカーが製品を製造して、最終的に消費者に製品が渡るため、ビジネスモデルはBtoBになります。

電子材料は、スマートフォンやパソコンを中心とした電子機器に使用されており、私たちの生活を支えているものなので、電子材料メーカーはなくてはなりません。

具体的な企業例

・富士フイルム株式会社

・住友ベークライト株式会社

・昭和電工マテリアルズ株式会社(元 日立化成工業)

・東京応化工業株式会社

幅広い事業を展開

上記の電子材料メーカーの例に限らず、他にも幅広い分野において化学業界は人々の暮らしを支えています。

具体的には、住友化学のグループ会社である住友ファーマや三菱ケミカルのグループ会社である田辺三菱製薬では、製薬事業を行っています。また、積水化学工業の住宅カンパニー(ブランド名「セキスイハイム」)や旭化成グループの旭化成ホームズ(ブランド名「ヘーベルハウス」)では住宅を扱っています。

また、富士フイルムのグループ会社である富士フイルム ヘルスケアラボラトリーは「アスタリフト」といった化粧品を扱うなど、一見すると化学業界と繋がりがなさそうな分野にも密接に関わっています。

幅広い分野に事業展開している化学業界ですが、近年特に力を入れているのはヘルスケア分野です。

ヘルスケア分野は、健康意識の向上や少子高齢化により、今後ますます需要が増加していく傾向にあるため、それに応じて市場も伸びてきています。

多くの方々の生活の利便性だけでなく、健康も支えるため、化学メーカーの社会的役割は非常に大きいと言えますね。

参照:数字で見るヘルスケア産業 2030年、37兆円規模に

化学メーカーの仕事内容を紹介

では、次に化学メーカーの職種について見ていきましょう。

職種について理解することで、入社後に自分の能力がうまく発揮できなかったり、モチベーションの低下を防ぐことができるので、しっかり理解していきましょう。

また、職種によって採用時の選考で重視されるポイントが異なる場合もあります。下記の職種紹介を参考に自分のアピールポイントを考えていきましょう。

研究開発職

化学メーカーの研究開発職は、新たな発見や仮説の検証などを行なって新規開拓を行う基礎研究と、基礎研究で得た成果を具体的な製品化につなげるための応用研究を行います。

当然、化学メーカーで研究開発職に就くためには、入社後の研究で成果をあげる必要があるため、高い専門性が求められます。

そのため、修士号以上の学位取得者が採用されるケースが多いです。

しかし、化学専攻だけでなく生物専攻や物理専攻の方も採用される場合もあるので、化学メーカーの研究開発職=化学専攻のみと考える必要はありません。自身の専攻に限らず幅広く就職先を探してみましょう。

製造・生産技術開発職

製造・生産技術開発職は、製品の製造に関する技術や生産方法の開発をする職種です。

この製造・生産技術開発職により、製造の効率化や量産化が可能になり、製品が市場に出回ることができます。

高い専門性だけでなく、関係部署との連携が多い職種であるため、選考ではコミュニケーション能力も重視されます。

どれだけ優れた製品を開発することができても、技術開発によって製造・生産技術が確立しなければ商品化が難しくなるからです。

製造・生産技術開発職は化学専攻だけでなく、機械専攻等の他分野を専攻していても採用されるチャンスがあります。

営業職

営業職は、イメージできる方も多いと思いますが、製造・生産したものを社外に売り込んだり、現場のニーズを社内にフィードバックする役割を持っています。

とくに営業職は、売り込みのために自社が取り使うものに関しての知識が必要なため、入社後の勉強は欠かせません。

化学メーカーは、研修が手厚いところが多いので、専門外から就職しても入社後に必要な知識を深める機会があります。

そのため、化学メーカーの営業職は理系しかできないというわけでなく、文系でも化学の知識を意欲的に学べる人であれば活躍することができます。

化学系の学生を対象とした企業説明会も開催されている

例えば、公益社団法人日本化学会の関東支部が主催する「化学系学生のための企業合同説明会」など様々な説明会が開催されています。

また、化学メーカーだけでなく製薬や日用品に関わる企業なども数多くあります。大学院生(修士・博士)、ポストドクターに特化した就職情報サイト「アカリク」でも様々な企業が紹介されています。説明会や企業のHPを通して事業内容や会社の規模を把握して「自分のやりたいこと」を考えることで納得のいく企業選びをしてほしいと思います。

アカリク - 大学院生(修士/博士)ポスドク専門の就職・転職情報サイト
大学院生(修士/博士)・ポスドクの就活転職支援に特化した就職情報サイト「アカリク」。 文系・理系の、修士・博士・ポスドクを積極採用企業の情報を多数掲載。直接応募や企業スカウトあり・専門エージェントへ相談可能。イベントやセミナーの情報も満載。

まとめ

今回は、化学メーカーの概要や職種、文系が活躍できるフィールドについてご紹介しました。

最後に記事の内容をおさらいしましょう。

  1. 就職活動において化学業界に関するメーカーは「川上」「川中」「川下」に分類され、それぞれ異なる特徴を持つ
  2. 化学メーカーは総合化学メーカー、誘導品メーカー、電子材料メーカーに分けられる
  3. 化学メーカーの職種は研究開発職、製造・生産技術開発職等がある

化学メーカーでは化学専攻だけでなく、様々な方が活躍できることがわかりましたね。

ぜひ今回の記事を参考に、社会貢献性の高い化学メーカーへの就職を検討してみましょう!

アカリクを利用するメリット

17万人以上の大学院生・理系学生の就活をサポート
してきたアカリクならではのサポートが充実!

  • 理系・院生特化のスカウト

    研究内容の登録だけでスカウトが届くため、忙しい研究の中でも効率的に就活を進められます。あなたに魅力を感じた思いがけない企業との出会いも!

  • 分野別の特別イベント

    メーカー、IT、コンサル業界を中心に、大学院生を求める優良企業と出会えるイベントを多数開催!オンライン開催のため、忙しい研究のスキマ時間にも気軽に参加できます。

  • プロに就活相談

    大学院出身のアドバイザーがあなたの就活を徹底サポート!マッチする企業や、推薦応募可能な企業をご紹介。個別のES添削や面接対策も行っており、選考対策もバッチリ!

著者プロフィール

アカリクリポーターズとは、大学院生としての経験や知識を「リポート」するライター集団です。全員大学院在籍経験があり、これまでの研究経験や知識を活かして、大学院生の皆様に役立つ情報をお届けしています。専門分野は工学・化学・生命科学・心理学・社会学等様々です。

【監修】アカリクお役立ちコンテンツ編集部
博士号所持者/博士課程在籍経験のある編集者が監修しています。

アカリク リポーターズをフォローする
アカリクコラム
お役立ちコンテンツ|アカリク
タイトルとURLをコピーしました