後付け推薦は断ることはできる?企業から求められたときの対策を紹介

column
この記事は約4分で読めます。

後付け推薦を求められた就活生は、推薦状をもらうべきか断るべきか、どちらにするか頭を抱えてしまうこともあると思います。後付け推薦を断ることができるのか、その場合はどんなことに注意すべきかも気になるところですよね。

今回は後付け推薦を求められた場合の対処法や、出す場合・断る場合のリスクなどを紹介します。企業から後付け推薦を求められて悩んでいる就活生の方は、ぜひ参考にしてください。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計12万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

後付け推薦とは?

後付け推薦とは、就活生が選考を進めて内々定をもらう直前のタイミングなどで「大学や教授から推薦状をもらってきなさい」と企業から指示を受けることです。本来であれば、就活に必要な推薦状は選考の最初の時点で出すべきですが、内々定をもらう前に後付けで書類を出すので「後付け推薦」と呼ばれています。

本来推薦状とは、大学や教授が「優秀な学生である」という評価を企業側に伝えるためにあります。推薦状をもらえる学生はごくわずかなので採用される確率が上がり、無事に内定をもらえた場合はその企業に就職するケースが多いです。

しかし、後付け推薦には大きな問題があります。

後付け推薦を求められる大きな理由は「企業側が学生を囲い込むために後付け推薦を使う」からです。後付け推薦をすれば、大学から企業へ推薦状を出すことで学生側は内々定を辞退しにくくなります。

就活生としては、他の企業の選考結果を待っている状態であっても、後付け推薦に対応することで実質その企業に入社しなくてはいけなくなるのです。

後付け推薦状を提出した場合、もらった内定は断れない?

「後付け推薦状を提出しても、内定を断ることは可能なのでは?」と思う就活生もいるでしょう。たしかに、後付け推薦を出すことは「必ず入社します」という意思表示ではありません。推薦状を出した後に内々定や内定を断ることも可能です。

しかし、推薦状を出したうえで学生が断ってしまうと、大学や教授、後輩などに迷惑がかかります。企業にとっては「今後同じ大学から推薦状をもらっても学生が断るかもしれない」というリスクになります。大学や教授の面子をつぶすことになりますし、同じ学部の後輩の就活がしにくくなるリスクがあるということです。

そのため、まずは推薦状をもらう前に、本当に提出するべきかよく考えることをおすすめします。その企業が第一志望なら問題ありませんが、他の選考結果を待っている場合や、他に志望している会社があるのなら、後付け推薦をもらわないほうがいいかもしれません。

もしも後付け推薦を提出して、内定をもらってから断りたくなった場合、まずは大学に相談してみることが大切です。

後付け推薦状を提出しても、選考から落ちることもある

後付け推薦状を出したら内々定もしくは内定がもらえると思われがちですが、必ずしも採用されるわけではありません。企業によってはより優秀な学生を採用し、推薦状を提出した学生を落とすこともあるのです。

就活生にとってはショッキングかもしれませんが、実際に過去同じような事例があったことが確認されています。あくまでも推薦状は大学からの書状であって「これで内定通知がもらえる」と安堵しないようにしましょう。

後付け推薦を企業から求められた場合の対策

後付け推薦を企業から求められたらどうしたらいいのか、2つの対策法をご紹介します。

大学に相談

後付け推薦を求められたら、まずは大学に相談してみてください。就活の相談窓口があるキャリアセンターや、自身が所属しているゼミの教授などにアドバイスをもらいに行きましょう。同じようなことを経験した人の話を聞いたり、大学側の見解を聞いたりできるかもしれません。

後付け推薦については賛否両論ありますが、大学によって方針が違います。

  • 推薦状を出してから辞退しても問題ない
  • 就活生の判断に任せる
  • 推薦状を提出して内定をもらったら入社するべき

大学によって後付け推薦を肯定するところ、否定するこころ、中立派など立場はさまざまです。特に企業との関係が強い大学である場合は、推薦状提出後の辞退は認めない場合も考えられます。

返答を引き延ばす

後付け推薦状の提出期限を延ばしてもらえないか相談してみるのも一つの手段です。

「別の企業の選考途中なので、期限を延長していただけないでしょうか」

「自分に合った企業を最後まで考え抜きたいので、お時間をいただけませんか」

このように率直な思いを伝えることで、企業の担当者によっては柔軟に対応してもらえるかもしれません。あくまでも先方の担当者に承諾を得ることが前提になりますから、自身の判断だけで返答を引き伸ばすのはNGです。そのまま提出期限を過ぎれば不採用となってしまう可能性があります。

まとめ

後付け推薦を求められた場合の対処法について解説しました。内容をまとめると以下の通りです。

  • 後付け推薦は選考が進んだ段階や、内々定・内定をもらえる直前に企業に推薦状を求められること
  • 大学や教授が直々に書状を出すので、提出後に内定を辞退しにくい
  • 学生側は、他の企業の選考が進んでいても推薦状を出すと就活を辞めざるをえなくなる可能性がある
  • 推薦状を出しても内定がもらえるとは限らない
  • 後付け推薦を求められたら、教授やキャリアセンターに相談する
  • 提出期限を引き延ばしてもらえないか企業担当者にお願いするのも一つの手

後付け推薦は内定への近道になりますが、使い方を間違えてしまうと自身の就活に納得できなくなってしまう可能性もあります。周囲のアドバイスをもらいながら、よく検討して提出するかどうかを決めてください。

タイトルとURLをコピーしました